デザイン

デザイナーから異業種転職すべき理由【自分を取り戻そう】

デザイナーから異業種転職のすすめ【自分を取り戻そう】

こんにちは、タカハシサトシです!
地方の飲食業界で企画の仕事をしています。

デザイナー経験者で異業種転職を考えている方、迷っている方へ向けた記事です。

僕はもともと印刷系のデザイナーで、その後ウェブ関係や、ブランディングやマーケティングの仕事など、いわばクリエイティブな業界にいましたが、5年前に飲食業界に転職しました。

という経験から、異業種への転職の参考になれば幸いです。

本記事の内容

1 デザイナーから異業種転職のすすめ
2 変なプライドは捨て郷に入れば郷に従おう
3 信頼を積み重ねるには誰もやりたがらない事に取り組もう

では、みていきましょう〜!

1 デザイナーから異業種転職のすすめ

理由は3つあります。

①重宝される
②自信が持てる
③キャリアアップになる

説明しますね。

①重宝される

僕の場合は飲食業界で、もちろんデザイナーなんて職種の人はいないですが、デザインが必要なシーンは多々あります。それは、必ず制作物があるからです。

社内向けであれば、社員に向けた通達文書、店内に貼る求人ポスター、封筒や名刺など。お客様向けであればメニュー板や告知ポスター、折込チラシなど。

今まで外注していた経費より、デザイナー1人分の人件費の方が経費としては安く済むと判断する経営者も多いはず。

特にサービス業は制作物の数も多いですので、転職先としては重宝されやすいかもしれません。

②自信が持てる

転職したいと思う理由は人それぞれだと思いますが、今の仕事に自信が持てない場合も多いのでは。

僕の場合は、否定される事が多かった職場環境で、人間関係の問題が大きかった事が原因でした。否定され続けると自己を肯定しづらくなっていきます。

異業種の転職先では、その業界の知識は新たに学ばなければなりませんが、今まで培ってきた事に関してとやかく言われることはありません。むしろ「誰もできないことが自分はできる」ということが自信につながります。

そんな高度なデザインセンスが求められるわけでもない分、気が楽でもあります。ただし、それに甘えて手を抜いては意味がないです。自分で学んでいけるかどうかが鍵になるでしょう。

③キャリアアップになる

企画職になり、会社の中枢を担う仕事ができるようになります。

僕の場合、入社当初、経営者もどのようなポジションを用意したらよいか定まらず「営業企画」という職種からスタートしました。

ここで重要なのは、望もうと望むまいと、何かを作れる力は重宝されますので、経営者や現場から頼まれごとが増えていきます。

特に経営者からの依頼は、広告関係や商品に関わるものが多いので、まずはスピードをもって期待に応えていくことで、その信頼関係の中で徐々に難易度の高い相談が舞い込みます。

ここが運命の分かれ道。デザイナーの枠から飛び出して、上級職へのキャリアアップを積み重ねられます。

2 変なプライドは捨て郷に入れば郷に従おう

デザイナーとして働く事にこだわらす、その業界の現場を経験した方がよいです。

なぜなら、経営者と会話が通じるようになるから。

僕が経営者なら、デザイナー経験者を雇った時点で、現場の責任者などをさせたら意味がないので、事業を展開していく上で必要な制作物を任せようとするはず。
そういった際に、現場のいろはがわかっていて、話が通じた方が印象が良く仕事も依頼しやすいし、評価も上がりやすいです。

僕の場合は、店舗での洗い物、イベントの売り子、新店舗のヘルプ要因、人材が足りていない店舗で厨房の仕事をしました。要請があってからで、実は内心嫌々だったのですが、信頼をつくり、仕事に深みを持たせる意味では積極的に申し出た方が良かったかも。

ということで、俺はデザイナーだ!なんていうプライドは一旦捨てて、その会社の現場を経験した方が成功への近道ですね。

3 信頼を積み重ねるには誰もやりたがらない事に取り組もう

最後に、異業種に転職して成功するためには、信頼を積み重ねることが重要です。

それには「誰もやりたがらない事」に取り組むことをおすすめします。

成功というのは素晴らしいデザインによって認められるいうことではなく、その会社にとってなくてはならない存在になることを指します。「誰もやりたがらない事」という言い方だと抽象的ですが、要は面倒な事です。会社の中には様々な問題があることに気づくと想いますが、実行力がないために物事が滞る事が多い。
滞る大きな理由のひとつは、何か形にしないと進まない、つくらないと進まなかったりするから。

ここがデザイナー出身者の強みを活かせるところで、つくること自体に抵抗がなければ、問題をすんなり解決できてしまうことでしょう。

この積み重ねが信頼を勝ち取る近道だと思います。

思い立ったら、転職サイトに登録してみるもよし

どのような道が待っているかわかりませんが、思い立ったら行動あるのみ。

地域によっては仕事情報に偏りがあると思いますが、すぐにできることとして、転職関係のサイトに登録してみるのもあり。専門スタッフに無料相談などもできますので、ひとりで考え込むより気持ちも楽になるかも。

リクナビNEXT
大手株式会社リクルートキャリアが運営する社会人のための転職サイトです。
約45,000件の求人情報から探すことができます。

あなたに合った企業への就職を徹底サポート!DYM就職
5,000名の就職成功実績、登録者数2,000社、満足度90%超。
就職できるまで二人三脚、書類選考無しでアピールできるのが特徴です。

Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!
異業種転職ではありませんが、同じクリエイティブ業界でも職場や環境が違うだけでも解決することがあるかもしれません。

 

・・・ということで、デザイナーから異業種転職のすすめでした。おしまい。

企画職の人が辛いときに思うこと【共感】企画職の人が辛いときに思うこと【共感】前のページ

企画職に資格は必要ない?【本当に学ぶべき2つの事】次のページ企画職に資格は必要ない?【本当に学ぶべき2つの事】

関連記事

  1. 【企画提案】デザイン力を磨いて感動のプレゼンを!

    デザイン

    【企画提案】デザイン力を磨いて感動のプレゼンを!

    こんにちは、タカハシです。地方の飲食業界で働く40歳男性、本…

  2. 【初心者向け】デザインレイアウトのコツ〜様々な職場で必要なスキル

    デザイン

    【初心者向け】デザインレイアウトのコツ〜様々な職場で必要なスキル

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。それ以前は…

  3. フリーランスデザイナーが営業しないで仕事をとる手順【営業が苦手な方へ】

    デザイン

    フリーランスデザイナーが営業しないで仕事をとる手順【営業が苦手な方へ】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。その前は8…

  4. おすすめのポートフォリオサイトの作り方3選【デザイナーに何を期待するか】

    デザイン

    おすすめのポートフォリオサイトの作り方3選【デザイナーに何を期待するか】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。その前は8…

  5. 企画書のデザインこそデザイナーの仕事【企画はデザイン思考】

    デザイン

    企画書のデザインこそデザイナーの仕事【企画はデザイン思考】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

最近の記事

  1. 【簡単】仕事で使えるノートタスク管理方法+おすすめアイテム5選
  2. 【実例公開】タスク管理おすすめの方法〜紙・ノート活用術
  3. todoリストに最適なgoogleアプリ(カレンダー+ todo)と成果が出る理由
  4. 【todoリスト】googleスプレッドシートは無料テンプレートでOK【自分の成長につなげよう】
  5. todoリストに必要なエクセル(excel)テンプレートを無料ダウンロード【+リーダーの心得】

アーカイブ

PAGE TOP