仕事術

仕事のスピードをめちゃめちゃ上げる方法【気の持ちようの法則】

仕事のスピードをめちゃめちゃ上げる方法【気の持ちようの法則】

こんにちは、タカハシサトシです!
地方の飲食業界で企画の仕事をしています。

仕事のスピードを上げるにはどうしたら良いかという悩みに答える記事です。

どんな仕事でも、上げるには2つの方向性があります。1つは時間を短くする方法、もう1つはスピードが出る状態へもっていく方法です。

もちろん、後者の方がめちゃめちゃスピード出ます。

本記事の内容

1 仕事のスピードを上げる方法(よくある時短)
2 仕事のスピードをめちゃめちゃ上げる方法(気の持ちようの法則)

では、スピードアップ!

1 仕事のスピードを上げる方法(よくある時短)

スキルや知識を増やし、かかる時間を短くすること。

これは当然といえば当然、知っていると知らないとでは仕事のスピードは大きく差が開きます。

例えば、僕はパソコン仕事が多いですが、以下の文字をキーボードで速く打つにはどうしますか?

スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!スピードアップ!

まじめに「スピードアップ!」を入力するとどんなに速くて1分くらいですが、キーボードには「ショートカットキー」があります。
僕のMacの場合、「スピードアップ!」の文字を選択し、「Appleコマンドキー+Cキー」でコピーですが、この時、左の親指Appleコマンドキーを抑え、左の人差し指で「Cキー」を押してコピーします。続けて「Appleコマンドキー+Vキー」で貼り付けなので、親指はAppleコマンドキーを抑えたまま、人差し指を「Vキー」を1回押す。すると「スピードアップ!」が入力されます。このまま人差し指で「Vキー」を18回押すと上記のような「スピードアップ!」が20回簡単に繰り返されます。

と文章で書くと長ったらしいですが、時間にして10秒以内です。ほら50秒も縮まった。知っているって凄いことですね。

2 仕事のスピードをめちゃめちゃ上げる方法(気の持ちようの法則)

パフォーマンスを最大限に上げる「ゾーンに入る」という技術がありますが、僕なりの「ゾーン」に入る方法を3つお伝えします。

要は自分の気持ちを逆手にとって、自分で自分を騙すテクニックです。「気の持ちよう」とも言えます。

①ケツに火をつける方法
②目の前ににんじんをぶら下げる方法
③日課をつくる方法

僕は③が好きになりました。説明しますね。

①ケツに火をつける方法

これはいわば「背水の陣」ですね。
スピードをあげないといけない状況をつくり、やらねばならぬの精神で仕事のスピードを上げます。

特に有効なのは、他人に「いつまでに何をやるか」を宣言して取り掛かる方法です。上司やお客様がベストです。

有言実行!というやつですね。瞬発力アップできます。

②目の前ににんじんをぶら下げる方法

これは「終わればご褒美が待っている」ということです。

人は何かゴールに近づくと、これで終わりだと思ってグッとパワーがでますよね?それは、そこから開放された後の自由な時間を想像したり、達成感を味わいたいからだと思います。

例えば、時間を決めて、アラートかけるだけでも違います。また、終わったあとに「温泉に行く」とか「寿司を食べに行く」など、好きなことを設定しても良いです。誰かと約束してもよし。

ただし、「お風呂掃除したらバッグを買う」のように取り組む内容とご褒美が釣り合わないのはダメ。どのように設定できるかがポイント。僕は我慢できないやつなので、あまり向いてない方法でした汗

モチベーションアップ!というやつですね。最大出力アップできます。

③自分に約束する方法

これは、特定の仕事のスピードアップにはなりませんが、全体的にパフォーマンスを上げる方法です。

それは「日課をつくる」こと。
僕の場合、このブログを毎日投稿すること。

基本は仕事のスピードアップなら、仕事に関する日課が良いです。自分の成長につながる意味ある日課でないと、それこそ無意味です。しかし、後から意味がついてくる場合もあります。続けられることに無意味なことなんかないですので、何かを自分に課しましょう。

結果として、日課を行う分、仕事をする時間が短くなるので、全体的にペースアップが必要になります。これは自然にペースアップされるのでおすすめです。

まとめ

仕事のスピードを上げるには

・スキルアップで時短

そして

・気持ちのコントロールで瞬発力アップと最大出力アップとペースアップ

という内容でした。
ご購読いただきありがとうございました。

関連記事

  1. 仕事の時間の使い方が下手な原因5つ!【できない自分を認めよう】

    仕事術

    仕事の時間の使い方が下手な原因5つ!【できない自分を認めよう】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  2. タスク管理アプリのおすすめ【Mac版】〜最終的には癖にする

    仕事術

    タスク管理アプリのおすすめ【Mac版】〜最終的には癖にする話

    こんにちは、タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています…

  3. 傾聴スキルを身につけると人間力が増す理由【話の本質を見抜く】

    仕事術

    傾聴スキルを身につけると人間力が増す理由【話の本質を見抜く】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  4. 【初心者さんへ】todoリストの事例と作り方

    仕事術

    todoリストの事例と作り方【初心者さんへ】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  5. 【タスク管理が苦手な方へ】おすすめのタスク管理方法

    仕事術

    タスク管理の方法で抑えるべきポイント3つ〜仕事の管理が苦手な方へ

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  6. タスク管理にgoogleアプリが必要な本当の理由〜チームワークの秘訣

    仕事術

    タスク管理にgoogleアプリが必要な本当の理由〜チームワークの秘訣

    こんばんは、タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています…

カテゴリー

最近の記事

  1. 【飲食店】アンケートの作り方〜おすすめの内容・項目
  2. 【飲食店】売上アップの方法〜すぐに取り組むべき事3選【管理者向け】
  3. 【飲食店】集客に困った時は、3つの問題を解決しよう
  4. 【無料】タスク管理ツールtrello(トレロ)の評価【チームワーク強化】
  5. 自己肯定感を上げる・・・かもしれないエピソード10選

アーカイブ

PAGE TOP