コミュニケーション

評価されない原因と対処法【評価を上げる方法を学ぼう】

評価されない原因と対処法【評価を上げる方法を学ぼう】

こんにちは、タカハシサトシです!
地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は評価に関する記事で、

「評価されない理由を知りたい。頑張っているのに・・・。上司からは良いこと言われるけど実際は何も待遇変わらない。自分より劣るやつが、なぜか認められている。悔しい。」

という声にお答えする内容です。

この記事を読むことで、評価されない原因とその対処法、評価を上げる方法がわかります。

本記事の内容

1 評価されない原因と対処法
2 評価されないなら、評価を上げる方法を学ぼう
3 評価されないなら、評価される環境をつくろう

では、さっそく!

1 評価されない原因と対処法

評価されない原因と対処法

原因は2つ。評価する側の問題と、自分の問題です。

①評価する側の問題3つ

直接の上司、もしくは会社そのものに問題があります。

  • 1つ目は、上司の人間性の問題でフェアに物事を見れない場合。
  • 2つ目は、上司の会社への報告に偏りがあるため、さらに上層部(経営者)は現状がわかっていない可能性があります。
  • 3つ目は、会社がきちんと定めるべき評価の指標が曖昧なため、必然と上司も曖昧な基準のまま評価するしかなく、上司の勝手な基準で評価される可能性があります。

②自分の問題3つ

  • アピール不足(自ら歩み寄りたくない)
  • 反抗心(言われたことをしたくない)
  • 理解不足(コミュニケーションしない)

上記3つになります。自分に問題があるなんて思いたくもないですが、仕事の内容に問題があるわけではなく、自分自身のあり方に問題がある可能性があります。

2の項でもう少し詳しく説明しますね。

対処法〜前向きな意味をつけられるかどうか

よく「他人は変えられないが自分は変えられる」と言われるように、上司や会社を変えることはできませんが、自分自身なら変えられる可能性があります。

結論としては、先ほどの「アピール不足、反抗心、理解不足」を解決する事。

といっても、今までの自分をいきなり変えるのは至難の業。僕の経験では、30代で本当に変えるとするならば、毎日のように向き合っても4年間は必要だと思っているくらいです。

自分って・・・年を取ると余計に頑固です。きっと子供なら、さくっと変えられるのかなって思います。

まずは「前向きな意味をつける」練習をする

自分に問題があると思っていない人は、周りに問題があると思っています。実際、周りに問題があると思いますが、それと同時に、自分にも問題があると思えるかどうか。

その次に、本当に問題だと認識できた場合、そのまま凹んでしまって終わりでは意味がない。凹んだ時に、そこに自分で自分にどんな意味をつけられるかどうか、にかかっています。

例えば僕の場合は、以下のような感じです。

僕の仕事は裏方なので、やっている事は高度だと思っているけど、わかりやすい業績がないので評価はされにくい。悔しい。
しかし、評価されない理由はどうあれ、自分にも原因があるはず。
あ、そうか。今は働きながら、こうやって次の自分の仕事に力をいれようとしている。ということは、以前よりも現在の仕事に力が入っていない。どおりで評価されないわけだ。しかし、自分はこれで良いと思っている。なぜなら、もう40歳をすぎ、大きな挑戦ができる機会が少なくなる前に、この仕事をやめて、自分が本当に満足できる仕事をして、もっと稼ぎたい。

いかがでしょうか。

2 評価されないなら、評価を上げる方法を学ぼう

評価されない理由は、総じてコミュニケーション不足が原因なので、コミュニケーションを充実させる必要がある、と言うことです。
大きく分けて、自己内コミュニケーションと、他人とのコミュニケーションです。

そこで、自分との向き合い方3つ。

①アピール不足(自ら歩み寄りたくない)

これは、自分のプライドが邪魔をしているためです。自分は頑張っている、何で気が付かないんだと、評価する側が気づいて当然だという傲慢な気持ちがあるためです。

気づいて当然、ということは、自ら評価側に自分の仕事を伝えていない可能性があります。報連相の不足、またはその言い方に問題があるかもしれません。

いずれ、この気持ちが強いと評価されにくいので気をつけましょう。

②反抗心(言われたことをしたくない)

例えば上司から、依頼や時には命令があった場合。
きちんと評価もできない上司の言うことは聞きたくない、もしくは上司の言っていることは間違っていると思うのでやらない、といった反抗心が強いと評価されにくいので気をつけましょう。

これは、正しいか間違っているかだけで物事を判断しているためです。なぜ上司はきちんと評価できないのか、なぜ間違っていると思うことを依頼してくるのか、何か意味があるのか、理解しようとしていますか?
自分と上司は、敵味方の関係ではありません。

③理解不足(コミュニケーションしない)

②と重複する部分もありますが、評価者とのコミュニケーションを円滑にしましょう。コミュニケーションは「相互理解」であって話しをすることではありません。

「じゃあ、具体的に何をすれば良いの?」
と思うかもしれませんが、相互理解は思いやり、相手の身になって考えられるか、ということです。本当に相手の身になって考えれることができているなら、評価者と自分との関係も違っているはずです。

それでも何をすればよいかがわからない、ということは、思いやる気持ちが欠けているかもしれません。思いやりは、全ての関わる人に公平にすべきです。同僚は思いやるけど、上司は思いやれない、というのは本当の思いやりではないと思います。

次に、信頼を勝ち取る方法3つ。

①言ってやる

これは、先の「アピール不足(自ら歩み寄りたくない)」の解決にもつながります。有言実行、言ってやる、ということです。

「密かにやって、やったから気づいて!」はわがままです。
どうせやるんだったら、自らやる前に評価者に「いついつまでにやります」といって、その期日より早く終わらせて報告するくらいだと評価が上がりやすいです。

有言実行できないのは、自信がないからです。言わなければ、できなかった時に、評価者は何もわからないので、責められることは無いという心理が働くからです。

しかし、評価者は成功・失敗は重要視していません。やったのか・やっていないかを重要視しています。

②リクエストに答える

リクエストが来る、ということは期待の裏返しです。

今の会社にお世話になっている以上、指示には従いましょう。そして、それを抜群のスピードと精度で行い、すぐに報告しましょう。

リクエストの内容に疑問を感じてやらなかったり、保留にするのは評価を下げてしまいます。会社のためを思って依頼されたリクエストである以上、間違いではないはずです。うまく行かないと思っているのは自分の思い込みかもしれないからです。

失敗した場合は、リクエストした人が失敗だったと認識する必要があります。しかし、失敗を避けるために、リクエストに応えつつ、代替案を提示しておくことで評価が高まります。

③プラスアルファをする

リクエストに応えるのは、依頼主にとっては当たり前です。
依頼主が想定していなかった、プラスアルファまで行うことで、評価が高まります。

例えば「新商品のドレッシングを店頭で販売してほしい」という依頼。依頼の内容は「販売コーナーを設けてほしい。さらにレジ付近にも設置してほしい」とします。

まず、理由はどうあれ保留にするのはNG。何でもいいので急いで実現させ、報告します。評価者が遠方にいる場合は写真でも送ります。その際に、設置スペースに問題があるので、棚を増設する提案をします。場合によっては決裁がすぐおりるかもしれません。

ここまでは、依頼主の想定内。依頼主が店舗で販売したいのは、新商品の在庫が多いので、なるべく早く売れるようにしたいから。

例えば、小さなチラシを準備してレジで配るとか、店頭で箱を用意して「ギフト用にどうぞ」的なPOPを準備、ラッピングも考案して試験販売するとか、お食事3000円以上の方に1本プレゼントキャンペーンを行い、まずは存在を広めるようにするとか。

これには依頼主もびっくりでしょう。

3 評価されないなら、評価される環境をつくろう

最後に、環境に働きかけられる立場なら、やった分だけ評価につながる環境を企画しよう。

僕自身、評価される環境づくりは未達成ですが、社内通貨(ポイント制度)がベターかなと思っています。

  • やった仕事に応じたポイントが貯まり、その総数で賞与や昇給が決まる。
  • ポイントは系列店舗で値引きになり、またさらにポイントも貯まる。
  • アプリで運用することで、社員への連絡網にも使える。
  • 退職したアルバイトさんも、ポイントアプリとして活用できれば、顧客にもなり、再雇用もしやすくなる。

といった内容で企画中です。

・・・長くなりましたが、今日はここまで!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【初心者さんへ】todoリストの事例と作り方todoリスト(やることリスト)の作り方の手順【例を見ながら一緒に作ろう】前のページ

タスク管理アプリおすすめ3選【Mac版】〜3年で癖にする次のページタスク管理アプリのおすすめ【Mac版】〜最終的には癖にする

関連記事

  1. 営業企画の仕事内容がなんでも屋になる理由【地方の中小企業の場合】

    コミュニケーション

    営業企画の仕事内容がなんでも屋になる理由【地方の中小企業の場合】

    タカハシサトシです!地方で5年、飲食業界で企画の仕事をしています。…

  2. 事業企画の仕事内容はゼロをイチにする事【事業企画職になる方法】

    コミュニケーション

    事業企画の仕事内容はゼロをイチにする事【事業企画職に転職する方法】

    タカハシサトシです!地方で5年、飲食業界で企画の仕事をしています。…

  3. 自己肯定感を上げる・・・かもしれないエピソード10選

    コミュニケーション

    自己肯定感を上げる・・・かもしれないエピソード10選

    こんばんは、タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています…

  4. 上司を説得する方法・話し方の手順【対立じゃないよ対話だよ】

    コミュニケーション

    上司を説得する方法・話し方の手順【対立じゃないよ対話だよ】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

  5. 傾聴スキルを身につけると人間力が増す理由【話の本質を見抜く】

    コミュニケーション

    傾聴スキルを身につけると人間力が増す理由【話の本質を見抜く】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

最近の記事

  1. todoリストに最適なgoogleアプリ(カレンダー+ todo)と成果が出る理由
  2. 【todoリスト】googleスプレッドシートは無料テンプレートでOK【自分の成長につなげよう】
  3. todoリストに必要なエクセル(excel)テンプレートを無料ダウンロード【+リーダーの心得】
  4. todoリストに便利なおすすめiPhoneアプリ【目標を決める簡単な方法】
  5. 【実例公開】タスク管理おすすめの方法〜紙・ノート活用術

アーカイブ

PAGE TOP