todoが完了する!付箋(ふせん)おすすめの使い方【書けない時の原因も解決】

todoが完了する!付箋(ふせん)おすすめの使い方【書けない時の原因も解決】

タカハシサトシです!
地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

todoリストに付箋(ふせん)をどう活かしますか?

という声にお答えします。

todoリスト=やることリスト、実行して初めて意味のあるスキルです。

思った事、考えた事を実現できるようになれば、いつの間にか、仕事ができる人、すぐやる人、前向きな人、いきいきしている人・・・・そんな風に見られるようになるかもしれません。何より自信が持てますよね。

本記事の内容

1 todoリストに活かせる付箋グッズを購入しよう
2 todoが完了する!付箋おすすめの使い方
3 付箋の本領はアイデア出しと整理整頓【おすすめのオリジナルツール】

では、見ていきましょう!

1 todoリストに活かせる付箋グッズを購入しよう

todoリストに活かせる付箋グッズを購入しよう

まずは付箋とおすすめ周辺グッズを購入しましょう。サイズは一般的な付箋の大きさ(25mm×75mm)であれば問題ないでしょう。

⇒付箋をAmazonから購入。様々ありますね。
⇒個人的にはサイズ的にも無印良品の付箋はお気に入りです

あとは、持ち運んだり、所有感とモチベーションを上げるためにケースに入れるのもありです。

⇒付箋ケースをAmazonで探す

また、付箋の良いところは、1つのtodoを1枚の付箋に書くので、増やしたり減らしたり、並べたりといった事が自由に可能であるということです。

後にも解説しますが、todoの前提として、アイデアをストックしやすいのも付箋の良いポイント。それを、ボードに貼って管理しても良さそうです。デスクトップパソコンで仕事をされている方は、モニターに設置できるボードもいいかも。

⇒付箋を貼って管理するボードをAmazonで探す

記事の最後に紹介しますが、僕が制作したtodo用の付箋を貼るボードも我ながらおすすめ。

2 todoが完了する!付箋おすすめの使い方

todoが完了する!付箋おすすめの使い方

仕事でもプライベートでも活用できます。

①付箋1枚に1個のやること+所要時間を書く
②今日やることを決める際に、数は何枚でも良いが、仕事の場合は合計4時間で完了できる数にする
③1件1件順番に、取り掛かったら寄り道せず集中し、最大スピードで終わらせる
④終わったtodoの付箋は捨てる

これだけといえばこれだけ。

付箋のメリットは、一つ一つのtodoがバラバラに書いてあるので、今取り組んでいる付箋だけを見ていれば、視覚的に1つ1つに集中しやすく、余計な情報を認識しなくても良くなります。

例えば4つなら、最初の1枚だけを目の前に置いて後は隠しておく、もしくは重ねて見えないようにしておくと良いでしょう。全部見えてしまうと、他のtodoに目移りするし、数が多いとゲンナリするし・・・。

todo一番の課題は、完了できないことではない

付箋に限らず、todoリスト一番の課題は、最初のやることを書く部分です。

スピードはどうあれ、やることが見えれば後はやるだけですから。しかし、そもそもやることをどうやって書きますか?完了させる以上に迷ってしまうポイントだと思います。

やることが見えない最大の理由はアイデア不足です。

実際に付箋に書く時点で、自分の中で何かを決めています。何かを決める際の材料が数々のアイデアたちです。

例えば料理を作るとしても、レシピがわかっていないと作れない。そしてそもそも、食材が冷蔵庫にないと何も作れない。もし大きな冷蔵庫に様々な食材が入っていたら、レシピで迷うことがあったとしても、食材で悩むことはありません。

よって、料理で言えばレシピといったアイデア、アイデアの元になる食材のストックが多い方が、やることが見えない問題が解消されやすいと言えます。

ここに付箋を活かせるポイントがあります。

3 付箋をアイデア出しと整理整頓に活かせているか【おすすめのオリジナルツール】

付箋をアイデア出しと整理整頓に活かせているか【おすすめのオリジナルツール】

todoリスト=やることリストです。

この「やること」にもなっていない、アイデアを付箋で管理します。

やることは明確ですが、アイデアは曖昧でもよいです。
やることは責任が伴いますが、アイデアは無責任です。
やることは期限がありますが、アイデアはやらなくてもよいです
やることは量より質ですが、アイデアは質より量です。
やることは誰かのためになりますが、アイデアは自己中です。

アイデアのイメージ湧きますか?

アイデアは自分の中から湧き出たわがままな発想です。

自分の中から湧き出る前提として、様々な体験や失敗が重要になるでしょう。だからといって、何も悔やむ必要もないし、焦る必要もありません。今の自分から湧き出たことが重要なんです。そして、これから今より少しだけ挑戦していけばよいだけです。

実際に付箋に何のアイデアを書くか

以下の2つの質問に対して10個ずつ書き出します。

・なりたい自分
・ほしいもの

この書き出した20個の言葉を毎日眺め、月1回見直します。

後は、これを見ながらtodoをあらためて付箋に書き出します。
さらに、日々生きていく中で、ふと何かひらめくはずです。

このようにアイデアを蓄積し、todo(やること)を考え明確にしていけば良いわけです。いかがでしょうか?

Idea>Todo付箋ボードを活用しよう

Idea>Todoボードを活用しよう

最後に、この一連の作業をわかりやすくするために、Todo付箋ボードを制作しました。無料でダウンロードでいますので、もしよろしければプリントアウトしてぜひお使いください!以下のリンクから、詳しい使い方も説明しています。

⇒ダウンロードはこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 【実例公開】タスク管理おすすめの方法〜紙・ノート活用術

    ワークハック

    【実例公開】タスク管理おすすめの方法〜紙・ノート活用術

    ↓さらに詳細記事を書きました(2020年11月26日)【実例公開】タ…

  2. 【実例公開】タスク管理おすすめの方法〜紙・ノート活用術

    ワークハック

    タスク管理おすすめの方法【実例公開】〜無印良品 上質紙1日1ページノート

    こんにちは、タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています…

  3. タスク管理が苦手なら諦める?人生を楽しむ方法【ストレス軽減】

    ワークハック

    タスク管理が苦手なら諦める?人生を楽しむ方法【ストレス軽減】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

 

チャレンジ応援のまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    レコメンド

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    レコメンド

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    レコメンド

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    レコメンド

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

 

グラスの商品・サービス

  1. グラスの手帳|文庫本サイズ

    グラス

    グラスの手帳|文庫本サイズ

    当方で商品開発した、グラスの手帳を数量限定販売いたします。1冊500円(税別)で販売中。

  2.   【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    グラス

    【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    ビジネスサイクルの速い飲食業界では、何かをつくる事で推進される仕事が多々あります。そんなデザインを切り口とした、月額支援サービスのご提案。月額33,000円(税込)〜

  3.   【提案無料】グラスのweb制作

    グラス

    【提案無料】グラスのweb制作

    小さく始めて大きく育てる、新事業のチャレンジに最適な、ミニマムなweb制作のご提案です。99,000円(税込)〜

アーカイブ

PAGE TOP