todoリストに便利なおすすめiPhoneアプリ【目標を決める簡単な方法】

todoリストに便利なおすすめiPhoneアプリ【目標を決める簡単な方法】

タカハシサトシです!
地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

todoリストをiPhoneで管理する方法ありますか?

という声にお答えします。

todo管理といったら、スマホの得意分野ですね!

①容易に編集できる
②場所を取らない
③同期できる
④保存がきく

などなど、効果的に効率的に管理できます。

本記事の内容

1 todoリストに便利なiPhoneおすすめアプリ
2 todoリストで叶える目標はどう立てる?
3 todoリストで失敗した時のマインド・考え方

では、いってみよ!

1 todoリストに便利なおすすめiPhoneアプリ

todoリストに便利なおすすめiPhoneアプリ

様々なアプリが世の中ありますが、わざわざインストールするより、既に入っている標準アプリ「メモ」または「リマインダー」で十分です。

todoリストに最適なiPhone「メモ」アプリの便利機能

今回は「メモ」アプリをご紹介。
チェックリストを作る機能が便利です。

①メモアプリを立ち上げる

②チェックマークをタップする

③やることを書き出す

④終わったらチェックを入れる

これだけ。

アプリでtodoを管理できるようになった方へ

todoリストは目標を達成するために使われますが、
どんな目標を描いてますか?忙しくてそれどころじゃない?

2 todoリストで叶える目標はどう立てる?

todoリストで叶える目標はどう立てる?

管理はiPhoneアプリが得意ですが、目標を決めるのはアナログな方法がおすすめ。

目標は、何もないところから生まれにくい。
それには何か素となるアイデアがないと・・・。

無理やりでもアイデアを出すところから

「自分の人生どう行きていこうかなアンテナ」が常に立っている人は、日々の中で気になる情報に触れた時、敏感なアンテナに引っかかり、自分の中にアイデアが溜まっていくので、目標なんてあらためて考えなくても自然にやりたいことだらけだったりします。

しかし、「さて人生何を目標にしていこうか・・・」と今から考えようという場合、いきなり何か納得する答えが出てくるはずはありません。なので、スキルを使い、無理やりアイデアを出すしかないのです。

今回紹介する2つの方法がおすすめ

自分に合う方法で目標を定めていきましょう。

まったく何もない!という方向け

「KJ法」

とりあえず思いつくことを出し尽くす方法。
何について出し尽くせばよいかわからない場合は、
「なりたい自分」と「ほしい物」について、最低100個ずつ出しましょう。

だしたら、被っているものをまとめたり、いらないものは省き、10個ずつに絞りましょう。何か目標の輪郭が見えてくるはず。 

たくさんアイデアを出すときには「付箋」がおすすめ。
1枚1枚に書き出して使うと良いですよ。

目標が見えている方向け

「マンダラート」

中心に目標をおいた時に、どういう事に取り組めばよいかを曼荼羅のように広げていく方法。

以下の記事で目標の作り方や流れを解説。KJ法やマンダラートについても。

3 todoリストで失敗した時のマインド・考え方

todoリストで失敗した時のマインド・考え方

目標が見えてきたら、todoリストに落とし込んで前進させていく!

しかし、失敗はつきもの。必ず何かでつまづくはずです。
その時「それまでと真逆」のマインド・考え方で乗り切りましょう。

さて、失敗や困難に直面した時、次の5項目のうち、当てはまる項目はありますか?

できることはすぐやる
できる方法をさぐる
ギャップを埋める
継続こそ力だ
真剣に考える

1つでも思い当たる節があるなら、失敗した時、それを引きずる思考に陥ります。逆に、失敗をはねのける人のマインド・考え方は以下の通り。

できることはすぐやる⇒いつでもできることはすぐしない
できる方法をさぐる⇒やらない方法を考える
ギャップを埋める⇒ギャップを武器にする
継続こそ力だ⇒やり直さない
真剣に考える⇒適当にも考える

前向きですよね。

何か困難に直面した時、本当にポジティブになれるか。

根っからポジティブな人も根っからネガティブな人も、調子が良い時は誰でもポジティブだし、何か困難にぶち当たるとネガティブになります。

そんな状況にいちいち振り回されたんでは、結局ポジティブではないですよね。
本当にピンチの時、解決してくれるのは「ポジティブシンキング」です。どんな場面に遭遇しても、前向きに切り替えられるか。

これは、自分にそう思わせる、暗示のような、論理的な思考のことだと思います。

いずれにせよ、人はそんなにポジティブスイッチを入れ続けられないので、自分でスイッチを切ったり等、バランス感覚やコントロールを磨くべきです。

これを「真逆の事をする」と考えればわかりやすいかなと思います。

アクセルを踏みすぎたらブレーキを踏む
ストレートで押したら変化球を投げる
右に傾いたら左に体重をかける
1点に集中したら全体を見る 等

常日頃から、バランスの良い自分でいることで、困難にも柔軟に対応できるはずです。

今日はここまで。
お読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. todoリストにおすすめのメモと、使いながら考えること

    ワークハック

    todoリスト・タスク管理におすすめのメモと、使いながら考えること

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

  2. 仕事のスピードをめちゃめちゃ上げる方法【気の持ちようの法則】

    ワークハック

    仕事のスピードをめちゃめちゃ上げる方法【気の持ちようの法則】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  3. todoリストでチーム力向上?ホワイトボード&付箋活用術【モチベーションアップ】

    ワークハック

    todoリストでチーム力向上?ホワイトボード&付箋活用術【モチベーションアップ】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP