【入門】webデザインとは?〜初級・中級・上級・一流にわけて解説します

【入門】webデザインとは?〜初級・中級・上級・一流にわけて解説します

タカハシサトシです!
地方で10年、企画の仕事をしています。
その前は10年、デザインの仕事をしていました。

今回は、

webデザインに興味があります。
webデザインとはどんな仕事でしょうか?

という声にお答えします。

僕がはじめてwebデザインをした15年くらい前とは違い、デバイスも増え、作り方も、技術も、役割も、考え方も変化してきました。

しかし、変わらない本質はあります。

本記事の内容

1 webデザインとは?
2 webデザインの仕事を4つの段階にまとめました

ではさっそく!

1 webデザインとは?

webデザインとは?

【結論】webサイトのコンセプトを形にする事

と言えます。

webサイトのコンセプトって?

コンセプトは概念であったり、一貫性のある考え方と言われていますが、しっくり来る言葉はなかなか見つからないですね。

コンセプトは、いわば魂、熱、火種のような、それを形づくるための根本的なエネルギーの一点のイメージです。

なので、形あるものにコンセプトはある。
誰かが火種をつけたはず。そこには、何か意味があって、願いもあったはず。

これをコンセプトとするならば、それをどのように汲み取って、血の通った意味ある形にできるか。webデザインに関わらず、デザインの仕事にはそういう役割があります。

webデザインに何から取り掛かる?

頭を抱えてコンセプト、コンセプトと唱えてもしかたありません。

これは作り手の自分が「どう感じたか」というセンスを頼りに、様々なアイデアの中から明確にしていくほかありません。

明確にするものは、まずは「言葉」です。
そのwebサイトのキーワード。SEOにも通じますよね。

どのような言葉がふさわしいか決めるためには、そのサイトの目的や目標、運営主体やターゲットから見ていくことで明確になっていきます。

webデザインの仕事をするには?

パソコンとグラフィックソフトがあれば作れます。
僕はMacとIllustratorで制作しています。

もし独学やオンラインスクールなど学ばれる場合は、最低限この2つのツールは用意した方がよいでしょう。

以下は就職支援に強いwebデザインスクールについて解説していますので、参考までにご紹介でした。

webデザインには様々なスキルが必要です

特に、以下のことについては学ぶ必要があるでしょう。

・Illustrator操作方法
・Photoshop操作方法
・ワイヤーフレーム作成方法
・webデザインカンプ模写
・レスポンシブデザイン
・uiデザイン
・フラットデザイン
・wordpress
・スタイルシート
・JavaScript

結構ありますね・・・。
独学でじっくり学ぶか、オンラインスクールで一気に正しく学ぶか。

2 webデザインの仕事を4つの段階にまとめました

webデザインの仕事を4つの段階にまとめました

webデザイナーとして、どのような仕事ができるか。
日々経験と失敗を積み重ねる中で、目指すべき方向性を4段階で表現しました。

①言われた事をスキルを活かして形つくるのは初級。

まずは依頼された事をきちんと表現できることから始めましょう。
何かプラスアルファの提案をつくらないといけないと考えるのは、その次のステップで構いません。なぜなら、クライアントが望んでいるわけではないから。

こちらからの提案はある意味「お節介」なので、まずは言われたことをきちんと作ることができた上で、別案として添えるのはありだと思います。

②目的と目標を踏まえた上で、最適なサイトコンセプトを考え、提案できて中級。

言われた事をきちんとできるようになれば、次に提案にチャレンジしましょう。クライアントは言われた事をやってほしいと思っていますが、実はそれが本当に正解かどうかは自信がありません。

なので、クライアントとしては、要望通りの案と別案と2つ提案されれば選択肢が増え、良いサイトにするため検討しやすくなります。評価も高まるでしょう。

ということで、別案を作成するには、クライアントがwebサイトを作る目的や目標、ターゲットなどを抑える必要があります。ヒアリングを磨いていきましょう。

③目的と目標を踏まえた上で、クライアントの想像以上の
 ベストなビジョンを描き、リアリティのあるデザインとして提案できて上級。

提案のレベルを上げていきましょう。

クライアントが考えていることが答えとは限りません。ベストな未来像は他にもあるかもしれませんので、その可能性を描き、デザインで表現して提案できれば感動につながるでしょう。

④あなたのデザインと言うだけでブランドになったら一流。

別に有名なデザイナーになる必要はありません。

1つ1つクライアントさんの想像を超える提案をし続けることで、「あの人に依頼すると間違いない」とか「あの人に相談するといいよ」など、フリーランスであればクライアントさんから、会社員であれば経営者や他のスタッフから信頼され認められるでしょう。

その人のブランド力が増すので、報酬や給与にも結びつきやすいです。

さあ、どこまで目指そうか!

関連記事

  1. webデザインおすすめサンプル8選〜どのように読み解くか

    デザイン

    webデザインおすすめサンプル8選〜どのように読み解くか

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。そ…

  2. タカハシサトシです! 地方で10年、企画の仕事をしています。 その前は10年、デザインの仕事をしていました。 今回は、 web制作の際にシングルページデザインは どういう時に採用すると良いでしょうか という声にお答えします。 2014くらいからシングルページデザインのwebサイトが流行り増えてきたように感じます。 特に下にスクロールして変化するようなサイトが印象的です。 今回はシングルページデザインを採用する理由とその効果についてを記事にしています。作り手としては、これを採用する意味を押さえておくべきでしょうし、サイトの目的によっては採用スべきではない場合もあるでしょう。 そこらをプロとして、意味ある提案につなげていきたいものですね。 本記事の内容 1 シングルページデザインを制作する理由とその効果 2 シングルページデザインで制作すべきクライアントの条件 では、見ていきましょう! 1 シングルページデザインを制作する理由とその効果 作り手が制作するメリットとしてはシンプルで、 「少ないページ数で完結できる」 です。これにより、以下の効果が考えられます。 ・目的がはっきりする ・導線がすっきりする ・抵工数、高スピード ・ブランド力アップ もちろん、案件によりけりです。コンテンツ量が多いサイトは採用しないか、部分的に採用するかになるでしょう。 以下、解説しますね。 目的がはっきりする シングルページデザインは、ページの構成が単純です。あちこち遷移させるページではないので、表現する事も単純になります。ということは内容はシンプルに特化されるので、そのサイト、ページの存在理由が明確になりやすいです。 web制作のプロとしては、クライアントさんとの打ち合わせで、もちろん目的を確認すべきですが、確認する前に想定することができます。 クライアントさんの抱える問題は大きくわけて2つしかないからです。 ・売上や利益の問題 ・人材の問題 これら両方が関係しあっている場合も多々ありますので、実際何が問題なのか読み解く事が大切です。もちろんヒアリングで確認されると思いますが、本音を話すかどうかはクライアントさんとの関係次第ですし、そもそもクライアントさんも問題だと思っていない場合もあります。 そういった事も踏まえて、目的をはっきりさせます。 導線がすっきりする シングルページデザインは上から下へとスクロールして見ていくタイプのサイトになります。ということは、そのように見られるという流れを前提としてデザインできます。 よい言われるストーリーを描くことができます。 何のストーリーかはサイトの目的によりますが、例えば求人ならば最終的に応募してもらうことが目的ならば、「あ、応募したいな」と思わせる流れを作る必要があるでしょう。 いかに、いやらしくなく誘導できるか、ですね。 抵工数、高スピード これも必然的にページ数が少なくなるためです。 場合によってはトップページで終わる場合もあります。 ですので、少ない工数で納品できるために費用も抑えられ、納期も早まります。 ブランド力アップ ブランド力は、ご存知の通り、すぐに身につくものでもないし、確かな方法は無いと思っていますが、シングルページデザインは情報が特化しやすいので、ブランド力が向上する土台になりやすいと捉えています。 シングルページデザインに収めるので、範囲を狭くしたり、絞る必要があるとすれば、条件が厳しくなると同時にブランド力が強くなる傾向があるでしょう。 そういう効果を踏まえて、強いブランドをつくるきっかけに活用します。 2 シングルページデザインを依頼するクライアントが抑えるポイント 制作を依頼するクライアント側が抑えるべきポイントです。 ・コンテンツ量が少ない場合 ・低予算で済ませたい場合 ・事業を試したい場合 ・ブランド力を強めたい場合 先程「1」で述べたことと重なります。 コンテンツ量が少ない場合 この場合はシングルページデザインが適しているかもしれません。 コンテンツ量が少ないということは、中小企業さんの公式サイトであったり、小さな店舗、または新規事業あたりが該当するかと思います。 低予算で済ませたい場合 低予算で済ませるために、シングルページデザインのサイトを制作する場合もあるでしょう。この場合は、自ずとシンプルなサイトになるでしょうから、まずは公式サイトを持ちたい、という場合が多いかもしれません。 事業を試したい場合 新事業の始め方や戦略にもよりますが、まずは小さく始めて試したいという考えもあるでしょう。なるべくリスクを抑え、小さくつくり、事業とともに育てていこうと考えるのは当然です。その場合もシングルページデザインのサイトは最適かもしれません。 ブランド力を強めたい場合 強いブランドを築くには「条件」が必要です。 牛丼と言えば「吉野家」「すき家」などイメージできますが、「ぐらす家」という牛丼屋ブランドを広めようとしても「牛丼といえば」という条件では難しいですよね。 なので、ぐらす家のブランドを強めるには条件をつけるしかありません。 1番になれる条件を考える必要があります。 ・牛丼とスンドゥブの店といえば ・牛丼とたらこスパゲティの店といえば ・牛丼食べ放題といえば

良いかどうかは別として、
狙う市場やターゲットを見つつ勝てる条件を考え、 そのキーワードを元に店舗もサイトも展開していく事になるでしょう。 強いブランドをつくる場合は、このポイントを先に定めないと意味あるサイトは作れないですね。

まとめ:シングルページデザインを扱えるプロになろう いずれにせよ、シングルページデザインにはメリットがあります。 クライアントさんによっては適切でない場合もありますが、メリットを踏まえた上で、意味ある提案に結びつけ、プロとして良い仕事を目指しましょう!

    デザイン

    webデザイナーがシングルページデザインで制作する理由

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。そ…

  3. 【40代から】webデザインの仕事でフリーランスとして稼ぎ続けられるか?

    デザイン

    【40代から】webデザインの仕事でフリーランスとして稼げない理由

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。その前は1…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP