企画アイディア

企画職の自分がよりよい会社にする3つの方法【企画の仕事】

企画職の自分がよりよい会社にする3つの方法

こんにちは
タカハシです。

地方の飲食業界で働く41歳男性、
本社にて企画の仕事をしています。

さて、どのような職場でも
問題はつきませんよね。

まして、人の問題は
簡単には解決しないことばかり。

そんな中で企画職のあなただからこそ
取り組むべき解決方法をお伝えいたします。

読んでほしい人

・経営者の方
・企画職の方
・より良い職場にしたい方
・仕事ができる方

では見ていきましょう!

本記事の内容

【1】企画職の自分がよりよい会社にする3つの方法
【2】なぜそれが問題だと思う?
【3】改善策1:組織の見直し
【4】改善策2:評価の見直し
【5】改善策3:キャリアアップ制度の見直し
【6】まとめ

【1】企画職の自分がよりよい会社にする3つの方法

職場の中で、
特定の人に仕事が集中することありませんか?

特に役割が細分化されずに
少ない人数で兼務が多いような
中小企業にはよく見られる光景です。

このような環境下で
仕事ができる人がいる場合、
その人に仕事が集中し
仕事ができる分、業務も前進するので 
さらに仕事が増えていきます。

はじめは「やりがい」に
つながるかもしれませんが
それが続くとどんどん疲弊し、
給与も上がらないとなると
割に合わないと思い始め
不満が増えていきます。

そして仕事ができる人は退職していく。
 
このような職場、、、
大問題じゃないですか?

【2】なぜそれが問題だと思う?

それは、、、
タカハシがその状況だからです汗

決して俺は仕事ができる!
ということが言いたいのではないのです。

実際、前職をやめた理由は
「おれ、企画の仕事向いてないな・・・」と
思ったほど、仕事はできない方だと思います。

しかし、前職と違うのは、
正解だろうと失敗だろうと
自分で考えて決めて行動し続けた結果、
様々な仕事を頼まれ、相談され、新たな仕事をつくり、
難易度の高い仕事を預けてもらうに至っています。

例えば、新ブランドの飲食店出店事業とか。

個人的には大変勉強になり成長させてもらいましたが
先の通り、どんどん疲弊しているため
会社全体としてはよろしくない状態となり、
一箇所に業務が集中するため生産性が低くなりやすく
ボトルネックになりつつあります。

さあ、どうする?

【2】改善策1:組織の見直し

根本的な問題が1つ目。
飲食店経営なので、お店が中心。

お店が中心で間違いはないのですが、
個人店ではなく多くの店舗を展開している場合。

ということは、
すべてのお店をくくっている「会社」が存在し、
すべてのスタッフが所属している「会社」が存在します。

会社はとある目的と
目指すべき目標のために存在し、
それを達成するために適切な人材配置をする
「組織」をつくります。

ここが超重要なポイントです。

ほんとに重要?

_____重要です。

進んでいくにつれて形ができてくるんじゃない?

_____自然な形には落ち着くでしょう。
     しかし、会社が目指すべき方向に進む組織はできません。

飲食店を数十店経営、
30億円年商の会社の場合、
人事や開発といった前向きな部署の人材が
圧倒的に手薄になります。

お店が中心の考え方だけでは、
ここが重要だという結論には至りません。

いま、働いている会社ではいかがですか?

【3】改善策2:評価の見直し

次は評価制度。

評価をするのも人間なので完璧はありませんが、
その会社なりの評価制度を整え、
それが従業員ときちんと共有することが大切です。

仕事をきちんとやり、
結果をだした分だけ給与や賞与に反映する。

あたりまえのようですが、
これが曖昧で感覚だけの評価では
不満が続出するでしょう。

仕事をしてもしなくても
ある一定の評価を得られてしまう、では
その仕事を取り組む動機が弱くなりますよね。

ましてや飲食業はサービス業。
人のモチベーションが業績に左右されますので
きっちり整えていきましょう。

【4】改善策3:キャリアアップ制度の見直し

さらにキャリアアップ制度。

キャリアをアップする
最大のポイントはチャレンジでしょう。

講習や研修も大切ですが
何か新しいことにチャレンジすることが
その人を成長させる最も大きな要因と考えます。

先の評価制度にも関わりますが、
その人がチャレンジしたこと、
または会社が用意した課題にチャレンジした場合に
評価と結びつく仕組みがあれば
キャリアアップが促進されるでしょう。

【5】まとめ

以上の3点が
タカハシが実際に働いた中で
行き着いた結論になります。

企画職のポジションで
どこまでできるかが問われますが・・・

私が5年間働いた中で思うのは、
信頼を積み重ねることができれば
会社経営に関わるところで
話を聞いてくれるようになるでしょう。

それこそが企画職の使命、、、ですよね!

【お家あそび|小学1〜3年生用】簡単謎解きゲームの作り方【お家あそび|小学1〜3年生用】簡単謎解きゲームの作り方前のページ

なぜ企画の仕事は必要とされるのか【企画の仕事をしたい方へ〜簡単になれます】次のページ

関連記事

  1. 企画職に転職しても人生かわらない理由【自分次第】

    企画アイディア

    企画職に転職しても人生かわらない理由【自分次第】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  2. 企画アイディア

    なぜ企画の仕事は必要とされるのか【企画の仕事をしたい方へ〜簡単になれます】

    こんにちはタカハシサトシです!企画の仕事は忙しいです汗…

  3. どれが向いてる?企画の仕事の種類【2つの準備から始めよう】

    企画アイディア

    どれが向いてる?企画の仕事の種類【2つの準備から始めよう】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  4. 1枚でまとめる企画書の書き方【人が感動する理由】

    企画アイディア

    1枚でまとめる企画書の書き方【人が感動する理由】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  5. 全くの未経験者でも企画の仕事ができる理由【弱肉強食の法則】

    企画アイディア

    全くの未経験者でも企画の仕事ができる理由【弱肉強食の法則】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  6. 企画の仕事内容は思いを形にすること【誰でもできます】

    企画アイディア

    企画の仕事内容は思いを形にすること【誰でもできます】

    こんにちはタカハシサトシです!今回は、企画の仕事内容が知りた…

最近の記事

  1. 構想力×実行力を鍛える方法【見えないものを見るには】
  2. 【簡単】仕事で使えるノートタスク管理方法+おすすめアイテム5選
  3. 【実例公開】タスク管理おすすめの方法〜紙・ノート活用術
  4. todoリストに最適なgoogleアプリ(カレンダー+ todo)と成果が出る理由
  5. 【todoリスト】googleスプレッドシートは無料テンプレートでOK【自分の成長につなげよう】

アーカイブ

PAGE TOP