1枚でまとめる企画書の書き方【人が感動する理由】

1枚でまとめる企画書の書き方【人が感動する理由】

こんにちは、タカハシサトシです!
地方の飲食業界で企画の仕事をしています。

今回は、よく1枚でまとめる企画書のススメがあったりしますが、実際1枚にどのようにまとめたら良いでしょうか。

もっと良い、効果的な企画書を書きたい方へ向けた記事です。

本記事の内容

1 1枚でまとめる企画書の書き方
2 企画書を書くには準備が重要
3 企画書で人が感動するポイント

では、いってみよ!

1 1枚でまとめる企画書の書き方

1枚でまとめる企画書の書き方

1枚の企画書を書く場合、

①メッセージ 
②未来図

でまとめよう。

僕は1枚でつくるのは上級者向けだと思いますが、相手にシンプルに強いメッセージを伝えることが可能であるが故に、シンプルなメッセージを作れるかのセンスが問われます。

特に、未来図については

・未来の絵(写真)
・未来への推移(グラフ)
・未来の全体像(マップ)

を想像力を働かせて用意しよう。

メッセージは「キーワード」が重要。提案される経営者にささる言葉があるはず。SEOと似ていますね。

「ラブレター」は好きな相手に思いを伝える1枚の手紙ですが、これと同じように、経営者の身になって一生懸命描いた会社の未来図を描くことができたら、「その企画採用!」に近づきませんか?

2 企画書を書くには準備が重要

企画書を書くには準備が重要

企画書を書くためには、「良くしたい」と普段から念頭に置いて仕事をしている事が重要です。

いきなり書くぞ!と思っても何も出てこないのは当然で、企画書を書くということは既に書きたいことがある、つまり解決したい問題や、実現したい未来があるということです。

もしスピードをもって企画書を仕上げられる人がいるとすれば、それは普段から企画書にまとめられる「ネタ」が蓄積されているだけです。日頃の蓄積が瞬発力を生みます。

問題の発見と深堀り、高い目標設定に応じたアイデア、あたりが重要になるでしょう。

3 企画書で人が感動するポイント

企画書で人が感動するポイント

上記の記事の内容にもあるように

・スピード
・想定以上

と僕は考えます。

スピードは、企画書にまとめて提案するまでの時間。これに感動してもらうためには、提案する経営者に、事前に明日企画書を出すことを名言することが重要です。そして、明日ではなく今日出すことで、スピードに感動してもらえます。

もう一つは、問題を解決する企画内容であれば、経営者も把握している事なので感動は生まれにくいですが、問題を解決しつつ、そうすることで展開される未来像まで提案できれば感動につながります。経営者が見えていない未来像ならなおさらでしょう。

実際に取り組むのは難しいですが、下手でも良いのでチャレンジすることが大切ですね。

関連記事

  1. 企業ビジョンとは?目指すべき理想像をどうつくるのか

    企画アイディア

    企業ビジョンとは?目指すべき理想像をどうつくるのか

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。最近は店舗…

  2. 企画職の人が辛いときに思うこと【共感】

    企画アイディア

    企画職の人が辛いときに思うこと【共感】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  3. かんたんな企画書の書き方と書けない時の2つの解決法

    企画アイディア

    かんたんな企画書の書き方と書けない時の2つの解決法

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP