webデザインとプログラミングの違いは?【職業診断もどき】

webデザインとプログラミングの違いは?【職業診断もどき】

タカハシサトシです!
地方で10年、企画の仕事をしています。
その前は10年、デザインの仕事をしていました。

今回は、

webデザインとプログラミング
どちらを目指すか悩んでいます

という声にお答えします。

僕はwebデザイナーでしたが、実際はその人の守備範囲によって職務は変わっていきます。職場の人材でも違うでしょうし、体制によっても違います。

webデザイナーとwebプログラマーで職務がかぶる部分もあります。
どちらが良い悪いでもなく、優劣をつけるわけでもありませんが、仕事のベクトルは大きく異なります。

自分自身の性格とも相談して決めていきましょう!

本記事の内容

1 webデザインとプログラミングの違いは?
2 webデザイナーとプログラマー、どちらを目指すべき?

では、みていきましょう!

1 webデザインとプログラミングの違いは?

webデザインとプログラミングの違いは?

【結論】どちらもweb制作に関わりますが守備範囲が違います

webデザイン
・グラフィックデザイン
・webサイトレイアウト(特にcss)

プログラミング
・webサイトレイアウト(特にJavaScript)
・webサイトの裏側で動作する仕組み

webデザインの仕事

webデザインは、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトを使用して、一枚絵として特にトップページデザインを制作します。場合によっては、デザイナーがサイト全体の情報を整理し設計する場合もあります。

トップページが決定したらhtmlとcssでwebサイトとして閲覧できるようプログラミング(コーディング)していきます。特にcss(スタイルシート)を駆使して、見た目にこだわります。

また、そのページにあったバナーやボタン等のデザインパーツを制作します。

webデザイナーの職歴や学習具合によっては守備範囲も広くなるし、必然と中核を担う仕事が増えていき、ディレクターとして昇進する場合があります。

webプログラミングの仕事

一方プログラミングは、トップページが決定後、htmlとcssでレイアウトを組む場合もあれば、webデザイナーが組んだレイアウトにJavaScriptで動きを付けたりしていきます。

WordPressはphpプログラムの塊ですので、こういったCMSのカスタマイズに力を発揮します。

また、PHPなどを使用し、予約フォームやショッピングカート等、そのサイトに必要なバックエンドのプログラムを組みます。

職種別守備範囲の図

web制作はチームで動く場合がほとんどです。
それぞれの職域や関わり方をシンプルな図にしました。

webデザイナーとプログラマーの他、制作全体を指揮するディレクターと成果にこだわり事業を起こすプロデューサーの範囲も書いてあります。

職種別守備範囲図

どこまでの仕事を目指しますか?

2 webデザイナーとプログラマー、どちらを目指すべき?

webデザイナーとプログラマー、どちらを目指すべき?

簡単な性格診断で決めるのもあり?

webデザイナー向き
・デザイン思考
・センスを磨く
・魅力をつくる
・マーケットを読む
・ユーザーフレンドリー

プログラマー向き
・論理的思考
・整理整頓
・組み立てる
・ゼロからつくる
・自己研鑽

と、上記と見比べて、当てはまる考え方や性格があったら、そちらに向いているかもしれませんね!

webデザイナー向きな性格や考え方の例

・デザイン思考
 ⇒クライアントの課題を把握し、それを解決するという考え方ができる
・センスを磨く
 ⇒かっこいい、かわいい、いけてる!センス良い、気持ちの良いサイトを目指す
・魅力をつくる
 ⇒魅力とはブランド力。強いブランドを作る事にこだわりたい。育てたい。
・マーケットを読む
 ⇒市場に受け入れられるデザインとは?流行りに敏感。
・ユーザーフレンドリー
 ⇒独りよがりにならず、閲覧者に優しいサイト設計ができる。

プログラマー向き性格や考え方の例

・論理的思考
 ⇒様々な可能性を考えたり、冷静に判断できる。
・整理整頓
 ⇒プログラムのコードは美しく。SEOにも最適化。デスクもスッキリ。
・組み立てる
 ⇒エラーなく動作しないと意味がない。正しく組み立てられる力。
・ゼロからつくる
 ⇒ゼロからつくる事の楽しさ。満足感、達成感。新しいものを生み出す。
・自己研鑽
 ⇒時代はエンジニアを求めている。新しい技術を学びたい。

いかがでしょうか?

最後に、キャリアに悩んでいるならば、キャリア支援サービスを利用してみる手もあります。相談無料のサービスも多いですので、思い切って問い合わせるのもあり。

まとめ:webデザインとプログラマーのベクトルの違い

webデザインとプログラマーのベクトルの違い

簡単に言うと「外向き」と「内向き」です。

相手(クライアント・ユーザー)と
自分(会社・作り手)です。

もちろん、きっちり分けられる事もないし、
どちらも混在するのが当然だと思います。

ただ言えることは、web制作チームにおける体制としては
webデザイナーはよりフロント側で
webプログラマーはよりエンド側にポジショニングしています。

なので、こういった立ち位置の違いから、
発想の起点、考え方の違いが生まれてくるでしょう。

webデザイナーはクライアントやユーザーよりで働くため、
全体を統括するポジションに進みやすいでしょうし、
webプログラマーは高度なプログラミングを学び
新しい商品を開発する原動力となるでしょう。

性格的に向いている事を切り口に
仕事を決めてみてはいかがでしょうか。

⇒webデザイナーの仕事とキャリアについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

  1. webデザインカンプで契約するかどうか決まる理由

    デザイン

    webデザインカンプで契約するかどうか決まる理由

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。そ…

  2. おすすめwebデザインスクール3選+α〜就職支援が決め手

    デザイン

    おすすめwebデザインスクール3選+α〜就職支援が決め手

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。そ…

  3. 【40代から】webデザインを独学するには何から始めたら良い?

    デザイン

    【40代から】webデザインを独学するには何から始めたら良い?

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP