チャンスを掴むための2つの方法【チャンスは作り出せる】

チャンスを掴むための2つの方法【チャンスは作り出せる】

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

チャンスを掴むには待っててもだめ
行動せよと良く言われますが
どうしたらよいか悩みます

という声にお答えします。

チャンスは無数に存在します。
・・・え?そんなにあるわけないって?
本当にそうでしょうか。

この記事では、チャンスの掴み方で悩んでいる方に2つの方法をお伝えします。小難しく書いていますが、実際は深く考えすぎない方が良かったりします。

ここでお伝えした事を、今後の要所でふと思い出していただけたら幸いです。

本記事の内容

1 チャンスを掴むために、まずは抑えておくべき事
2 チャンスを掴むための2つの方法

詳しく説明しますね。

1 チャンスを掴むために、まずは抑えておくべき事

チャンスを掴むために、まずは抑えておくべき事

チャンス=きっかけの事です。

何かと言えば「成功する」ためのきっかけです。
あくまでも「きっかけ」なので、チャンスを掴んでも成功するとは限りません。

しかし、何も行動しないより何か行動した方が、他人や周りの環境など、様々な接点が増えるので、チャンスが増えるのは当然です。

これは確率の問題で、チャンスが増えれば成功する割合も増えるとも言えます。これがよく言われる「行動せよ」の意味するところです。

行動しないとだめ=半分は正解で半分ははずれ

何か知識を得たならば、それを活かすために行動する。それが一番の学びになるので大賛成です。ですが、これだけでは学びの範疇で事業にはならない。事業にならないということは、ビジネスならば利益もでないし、広まってもいかない。

なぜなら、やみくもに行動しても長続きしない。情熱は冷めやすい。
だから、ここから先は企画が必要になります。持続可能な戦略が必要なんです。

それはビジネスモデルをつくることだし、モチベーションを維持できる方法を見つけることです。

↓ビジネスモデルの作り方を解説した記事はこちら

話を戻しますが・・・

チャンスを掴むために行動しますが、以下の3つの要素があるとうまくいきません。

・チャンスをチャンスと認識していない
・チャンスを取捨選択していない
・チャンスをつくっていない

逆にこれらを解決できれば、チャンスを掴めます。

2 チャンスを掴むための2つの方法

チャンスを掴むための2つの方法

無数にある成功へのチャンスを掴むための方法はあります。
(注)成功を掴む方法ではないです

①世の中にあるチャンスを「つかむ」方法

「アンテナ」を立てる事です。
アンテナとは「キーワード」です。

例えば「今日はパン屋について考えよう」と決めれば、キーワードは「パン屋」となる。「パン屋」にアンテナを立てると、日々生活していく中で、触れる情報からパン屋に活かせる事が気になるようになる。

これがアンテナを立てている状態です。

アンテナを立てれば、情報を取捨選択して受信できるようになります。それに受信されないチャンスは掴む必要はないので、行動に無駄はなく、様々なチャンスにいちいち惑わされずに済みます。

アンテナの感度によっては、勝手にチャンスがひっかかりますので、何か仕事をしながら一方でアンテナを立ててチャンスを掴むこともできます。

感覚的な事なのでお伝えするのが難しいですが、行動する前にアンテナを立ててチャンスをつかみやすくしましょう。

②自らチャンスをつくる

アンテナを立てて、世の中にあるチャンスに気づくことができれば、より成功につながるチャンスを掴むことができますよね。

しかし、あくまでアンテナは受信専用です。
基本は「待ち」です。

なので、次に受信するだけではなく、「自らチャンスをつくる」事が重要です。つまり発信すると言うことです。

流れとしては次のようなイメージです。

・何をつくるか決める
・どこでつくるか決める
・種を撒く
・水をやる
・芽が出る←ここがチャンス

自らチャンスの元をつくれば、チャンスとなって現れた時にそれを掴めばいいだけです。

例えば、このブログにとって「芽が出る」とは、キーワードを狙って書いた特定の記事のアクセス数が高まる事です。

それには、日々記事を書くという種まきがある・・・
といった具合です。

そして、チャンスをつくることができれば、マーケティング活動ができるようになります。マーケティング=売れる仕組みをつくるためには、狙うターゲットがチャンスだと思う事を作らないといけませんので・・・!

まとめ:チャンスを掴んで、成功につなげよう

チャンスを掴んで、成功につなげよう

チャンスを掴んだら、今度はそれを成功へとつなげるために活かしましょう。

チャンスの次に待っている行動は「チャレンジ」です。
チャレンジには成功もあれば失敗もありますが、自分にとって意味あるチャンスを掴んだなら、チャレンジしないのは勿体ない。

成功へと導くプランも重要ですが、若いうちはノープランで飛び込むことも重要かもしれませんね!

関連記事

  1. 【飲食店】集客に困った時は、3つの問題を解決しよう

    マーケティング

    【飲食店】集客に困った時は、3つの問題を確認しよう

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

  2. 飲食店に効果的な販促方法3選〜販促とマーケティングの違い

    マーケティング

    飲食店に効果的な販促方法3選〜販促とマーケティングの違い

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  3. インナーマーケティングは働きがいを生み出すこと

    マーケティング

    インナーマーケティングは働きがいを生み出すこと

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

 

チャレンジ応援のまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    レコメンド

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    レコメンド

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    レコメンド

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

 

グラスの商品・サービス

  1. グラスの手帳|文庫本サイズ

    グラス

    グラスの手帳|文庫本サイズ

    当方で商品開発した、グラスの手帳を数量限定販売いたします。1冊500円(税別)で販売中。

  2.   【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    グラス

    【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    ビジネスサイクルの速い飲食業界では、何かをつくる事で推進される仕事が多々あります。そんなデザインを切り口とした、月額支援サービスのご提案。月額33,000円(税込)〜

  3.   【提案無料】グラスのweb制作

    グラス

    【提案無料】グラスのweb制作

    小さく始めて大きく育てる、新事業のチャレンジに最適な、ミニマムなweb制作のご提案です。99,000円(税込)〜

アーカイブ

PAGE TOP