マーケティングの4Pとは、売り手の「わがまま」目線のこと

マーケティングの4Pとは、売り手の「わがまま」目線のこと

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

マーケティングにおける4pとは?
調べて意味はわかるのですが
どうもしっくりこないです。

という声にお答えします。

マーケティングを学ぼうとすると、専門的な知識を理解するのが大変ではないですか?様々な方が、いろいろな切り口で伝えていて、僕は苦手でした(勉強苦手です・・・)。

この記事では、そんな僕が、マーケティングの4Pについて、なるべくわかりやすくお伝えしつつ、実際の売れる仕組みづくりに役立つ内容を目指します。

まずは書籍で学びましょう。2冊ご紹介です。

本記事の内容

1 マーケティングの4Pとは、売り手の「わがまま」目線のこと
2 4P分析をマーケティングの全体像から見て理解しよう

では、さっそく!

1 マーケティングの4Pとは、売り手の「わがまま」目線のこと

マーケティングの4Pとは、売り手の「わがまま」目線のこと

マーケティングの4Pは「わがまま」です。

売り手の視点でマーケティングをわかりやすく文章にすると、
「誰に何をどうやって売るか」ということですよね。

この中で「何をどうやって売るか」という部分が
マーケティングの4P分析にあたります。

4Pは

・製品(product)
・価格(price)
・流通(Place)
・販促(promotion)

ですので、「誰に」つまり消費者は含まれていません。

要するに、いい商品つくって、いくらで売って、どのように流通させるか決めて、販促かけよう!という、わがままな戦略です。

物を作れば売れた時代があったとよく言われますが、今までにない新しい価値をもった商品を販売する場合は、このような視点でのマーケティング戦略は有効でしょう。

実際には前提として「誰に」売るかを設定する

全く新しい市場をつくらない限りはレッドオーシャンで戦う事になります。
とすれば、基本のSTP分析で、市場を選び独自の立ち位置を考えた上で、何をどうやって売るか展開していく考え方が主流でしょう。

・S セグメンテーション(市場を細分化する)
・T ターゲッティング(市場を選ぶ)
・P ポジショニング(競合との差別化)

本当は戦う必要もなく、独自のポジションで、わがままに売ることができたらいいですけどね・・・。

2 4P分析をマーケティングの全体像から見て理解しよう

4Pをマーケティングの全体像から見て理解しよう

今回は、以下のように「テキストと矢印」で表現しました。
何となくご理解いただけますでしょうか?

[買い手]
市場←STP←インサイト

4C

①機会(チャンスかも)

②体験(やってみよう)→共有(シェアしよう)

③契約(買ってみよう)→信頼(また買おうかな)←ビジョン

4P

商品←ブランディング
[売り手]

⇒ダイレクトマーケティンとは信頼関係づくりと
⇒4Cとは(準備中)
⇒ブランデイングの基本(webデザインについて)

上記の図でも表している通り、4Pは[売り手]からマーケティングの全体像を見る視点のことです。

3つの視点でバランスを見ていこう

細かな事はわからなくても、以下3つの視点でビジネスを見ていくと覚えると良いでしょう。

・売り手「誰に何をどうやって売ろうかな」
・買い手「何かほしいものないかな」
・売り方「興味ある?やってみる?買ってみる?」

マーケティングのフレームワークは様々あり、時代によって最適化されていきますが、基本は上記の3つのバランスを見ていくと、混乱せずに済むのではないでしょうか。

まとめ:売れる仕組みを整える前に、期待される未来を描こう

マーケティング=売れる仕組みを整える

マーケティングの4Pは売り手の「わがまま」でした。
一方の消費者視点である4Cは買い手の「よくぼう」、
この2つをつなぐ仕組みがマーケティングです。

しかし、これらはあくまで売れる仕組みの話。
なぜマーケティングをするか、その答えが重要です。

それは、企業がビジネスを展開していく上で掲げるビジョンが重要であり、それを推し進めるリーダーのあり方も同様です。それに価値を感じて期待する人が現れる。それは仲間であり、お客様である。

この大前提を忘れずに、マーケティング戦略を策定していきましょう。

関連記事

  1. 店舗集客のコツは来店動機をどうつくるかが重要

    マーケティング

    店舗集客のコツは来店動機をどうつくるかが重要

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  2. インナーマーケティングは働きがいを生み出すこと

    マーケティング

    インナーマーケティングは働きがいを生み出すこと

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  3. 飲食店の看板デザイン次第で来客数が変わる理由

    マーケティング

    飲食店の看板デザイン次第で来客数が変わる理由

    タカハシサトシです!地方の飲食業界で5年、企画の仕事をしています。…

 

チャレンジ応援のまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    レコメンド

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    レコメンド

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    レコメンド

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    レコメンド

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

 

グラスの商品・サービス

  1. グラスの手帳|文庫本サイズ

    グラス

    グラスの手帳|文庫本サイズ

    当方で商品開発した、グラスの手帳を数量限定販売いたします。1冊500円(税別)で販売中。

  2.   【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    グラス

    【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    ビジネスサイクルの速い飲食業界では、何かをつくる事で推進される仕事が多々あります。そんなデザインを切り口とした、月額支援サービスのご提案。月額33,000円(税込)〜

  3.   【提案無料】グラスのweb制作

    グラス

    【提案無料】グラスのweb制作

    小さく始めて大きく育てる、新事業のチャレンジに最適な、ミニマムなweb制作のご提案です。99,000円(税込)〜

アーカイブ

PAGE TOP