Instagram(インスタ)で店舗に集客する方法〜ブランディングが重要

Instagram(インスタ)で店舗に集客する方法〜ブランディングが重要

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

インスタで店舗に集客する方法を教えてほしいです

という声にお答えします。

年々増加しているインスタのユーザー数。
2019年のデータでは、国内3,300万人のユーザー数を誇ります。ちょっとググるとわかりますが、ユーザー層としては年代で20代、性別で女性の割合が多いですが、最新データでは30〜40代のユーザー数も20代に迫る勢いで増えてきています。

そんなマーケットの中で、店舗へ集客するにはどうしたら良いか、その考え方をまとめた記事にしました。

本記事の内容

1 Instagram(インスタ)で店舗に集客する方法
2 Instagram(インスタ)で来店するきっかけを作ろう

では、みていきましょう!

1 Instagram(インスタ)で店舗に集客する方法

Instagram(インスタ)で店舗に集客する方法

結論はブランディングが重要。

ブランディングとは

ブランドをつくり育て広めていく事で、それにより関わる人の間でこのお店や商品について共通の認識を持ち、共有していく事です。

経営している自分たちの想いと、狙ったお客様からの思われ方が一致する時、すなわちブランド力が強まります。

ブランドは「自身そのもの」です。お店なので自店ですね。そういう意味では何でもブランドですが、それが強いブランドを作るとなると話は変わってきます。

強いブランドということは、他店との明確な違いも必要でしょうし、強くある理由や条件がないと成り立ちません。よってそれを意図的に作ることになります。

いずれにせよブランドが強まるということは、惹きつける力が強まります。それは魅力が高まるということですので、魅力ある人の周りに人が集まるように、魅力あるお店には、狙ったお客様が集まる=集客ができるようになります。

このようなブランディングに取り組む事ができていれば、後はインスタで狙う客層へ向けてメッセージを発信していくことになります。

インスタで何をすれば良いのか

7つのやるべきことをリストアップ。

 ・どんなテーマのインスタなのか決める
 ・プロフィールを工夫する
 ・誰がターゲットなのか決める
 ・狙うハッシュタグは?
 ・ファーストインプレッションが全て
 ・更新し続ける
 ・目立ってなんぼ

です。

どんなテーマのインスタなのか決める、プロフィールを工夫する、誰がターゲットなのか決める

新店なのか30年経営している老舗なのかで異なりますが、インスタユーザーは20〜30代女性が多いことを踏まえて、どんなテーマにするかをまず始めに定めるべきでしょう。

特にビジュアルに訴える媒体ですので、例えば新米ママさんとつくるお店の季節メニューをテーマに、インスタの発信者を女性の商品開発者に抜擢しフォロワーと交流しながら料理のネタを発信するのも良いですね。

この時点で、インスタの発信者がどういうプロフィールなのか想像できますし、ターゲットも見えてきています。大まかにでも良いので、戦略を立てることが重要です。

狙うハッシュタグは?、ファーストインプレッションが全て、更新し続ける

SEO同様に、インスタはインスタならではの対策が必要です。
特にハッシュタグは試しながら投稿を続けるべきでしょう。狙うべきタグも、メジャーなタグではトップに表示されもしないので、10万件以内のミドルタグや数千件のスモールタグを狙い、トップに表示を狙い続けましょう。

インスタは、はじめに表示される9つの投稿画像が最重要。つまりはファーストインプレッションに自分の投稿がどれだけ表示されるか。また、一度表示されるとある程度の期間は表示され続けますので、そういう意味でもトップ表示を狙えるタグをつけて、地道に投稿を継続していきましょう。

そのテクニックは様々ですが、個人の方で100円ショップ情報をメインに発信されている「せっちゃん」さんがnoteなどで販売されているノウハウは大変参考になります。

目立ってなんぼ

インスタはどこまでもビジュアルに訴える媒体です。数々の投稿の中で目を引くためには、他と見た目で差別化されている事も重要です。

単純に周りがキレイな写真であれば、ひとつ文字だけの写真は目立つ。そういった視覚的なギャップも狙うのもありですね。

2 Instagram(インスタ)で来店するきっかけを作ろう

Instagram(インスタ)で来店するきっかけを作ろう

ブランディングが整ってきたら販促しましょう

・エリアを絞った広告で加速させる
・来店されたお客様を誘導する
・お客様との別なつながり方を提供する

上記の手段が考えられます。

前項のように、テーマを決めて戦略的に発信を続け、ブランド力を強める事をされているのであれば、販促はそれを加速させるために打っていきます。

例えば「新米ママさんとつくるお店の季節メニュー」がテーマならば、ここで決まったメニューの投稿をきっかけに、エリアを絞った広告を出しインプレッションを稼いだり、来店されたインスタのターゲットに合った方にフォローしてもらえるような導線を用意したり、その中で特別なグループをつくり、一緒にメニューを考えつつアンバサダーになって発信してもらうとか。

最終的には店舗への集客が目的なので、インスタ上で進めてきたブランドづくりをベースに、インスタを見に来てくれている人と来店されたお客様をクロスさせていきましょう。

↓飲食店への販促についての記事もご参考ください

まとめ:Instagram(インスタ)でどのようなコミュニティをつくるか

Instagram(インスタ)でどのようなコミュニティをつくるか

集客するにはブランドづくりが重要で、次にマーケティングが重要。

店舗に集客するということは、インスタをきっかけにしたマーケットつくり広げるということになります。それには、店舗に来店したい人を増やさなければなりません。

店舗に来店したい人を増やす、ということは、どういったコミュニティを広げていくかを考えるのが良いです。何かをテーマにして集う人たちがマーケットを起こすわけですから。

インスタを活かしてどういうテーマで人との関係をつくって行くか、コミュニケーションのセンスが問われそうです。

関連記事

  1. インバウンドマーケティングは、チャンスの作り方が重要

    マーケティング

    インバウンドマーケティングは、チャンスの作り方が重要

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  2. 【飲食店】アンケートの作り方〜おすすめの内容・項目
 

チャレンジ応援のまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    レコメンド

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    レコメンド

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    レコメンド

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    レコメンド

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

 

グラスの商品・サービス

  1. グラスの手帳|文庫本サイズ

    グラス

    グラスの手帳|文庫本サイズ

    当方で商品開発した、グラスの手帳を数量限定販売いたします。1冊500円(税別)で販売中。

  2.   【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    グラス

    【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    ビジネスサイクルの速い飲食業界では、何かをつくる事で推進される仕事が多々あります。そんなデザインを切り口とした、月額支援サービスのご提案。月額33,000円(税込)〜

  3.   【提案無料】グラスのweb制作

    グラス

    【提案無料】グラスのweb制作

    小さく始めて大きく育てる、新事業のチャレンジに最適な、ミニマムなweb制作のご提案です。99,000円(税込)〜

アーカイブ

PAGE TOP