Zoomで集客する方法〜チャレンジをどう演出するか

Zoomで集客する方法〜チャレンジをどう演出するか

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

Zoomで集客を考えています
どのような活用方法が良いでしょうか

という声にお答えします。

Zoomは2012年に公開されたサービスですが、新型コロナによるリモートワークの流れで一気に広まりました。

Zoomサービス内にミーティングルームを開設し、ミーティングIDやパスワードを共有するユーザー同士で多地点と同時にWeb会議を行うことができるツールで、海外ではコロナ禍で裁判すらZoomで行った国もあるほど。

今後、ビジネスにおける人との関わりに置いて、Zoomに代表されるweb会議ツールような、リモートでの会い方は形を進化させて活用されていくでしょう。

そんなZoomをマーケティングの一環として捉えましょう、というお話です。

本記事の内容

1 Zoomで集客する方法〜チャレンジをどう演出するか
2 Zoom集客のおすすめ活用法

では、みていきましょう!

1 Zoomで集客する方法〜チャレンジをどう演出するか

Zoomで集客する方法〜チャレンジをどう演出するか

それは、Zoomを商談の場にすることです。

マーケティングの流れで置き換えてみる

[買い手]
ターゲット←インサイト

①機会(チャンスかも)

Zoomで集客

②体験(やってみよう)→共有(シェアしよう)

③契約(買ってみよう)→信頼(また買おうかな)

商品←ブランディング←ビジョン
[売り手]

特にBtoBにおいては、ターゲットに対して①と思わせ、②を提案し、③に至るのが基本の流れとすると、「①と②の間にZoomでの接点を設ける事」が、よりスムーズにより効率よく興味ある人に提案の機会をつくる事ができます。

例えば広告やDMなどで、①のようにチャンスだと興味をもってもらえた場合、次に良いタイミングで商品の無料体験の機会があったりすると、②の「やってみよう」とチャレンジしてもらえる方も一定の割合でいるでしょう。

ただし、これはあくまでお客様のタイミングによるものなので、セールスをかけるとすれば①と②の間にZoomでワンクッション置く商談の場を用意し、もっと気軽に、もっと数多く接点を用意しても良いですよね。

そういう意味でZoomを営業活動の一環として用意しましょう。

なぜZoomでの集客はセールスに効果的か

6つ考えられます。

・顔が見えてほどよいリアリティがある
・気軽に参加し気軽に断れる
・リモートなので無駄がなく本題に集中できる
・話の流れに合わせた資料やサイトを広げられる
・リモートなので効率的に数多く商談を進められる
・セミナー形式でもマンツーマン感があり個別対応もできる

というような感じを受けます。

営業としては、基本お客様のタイミングで契約につながるようなマーケティング戦略を展開する中で、人脈ができ、気持ちがつながった見込み客へ向けたセールスにおいて、Zoom商談の場を用意してお誘いし、ヒアリングやアンケートなど、次のステップにつなぐ提案の機会を得ることが重要です。

↓マーケティングについては、こちらの記事でおさらいできます。

2 Zoom集客のおすすめ活用法

Zoom集客のおすすめ活用法

マーケティングの基本としては、webサイトやランディングページを用意し、問い合わせいただいた方をZoomの商談へお誘いする流れが王道でしょう。

また、リクルート系やスクール系のサービスであれば、無料カウンセリングや体験授業などで、一気にZoomの場を予約するという流れもありです。

もっとあると思いますが、だいたい5つの活用法が考えられます。

・相談系(住宅、不動産、美容健康、旅行、金融や保険などの無料カウンセリング) 
・セミナー系(士業やコンサルなどの説明会)
・リクルート系(転職エージェントなどの無料カウンセリング)
・スクール系(オンラインスクールなどの体験授業)
・クリエイティブ系(制作案件などの提案・ヒアリング)

上記のような活用法ですが、つまり、契約や購入に至る中で、人と人とのコミュニケーションが必要になるビジネスにおいて、効果を発揮することがわかります。

すると、Zoomで集客する上で最も重要なのは「商品」で、それを広めるためにwebサイトをつくり、webマーケティングや広告で機会を提供する流れになります。

学びとしては、5つの活用法でマーケティングを展開されているwebサイトを見たり、実際に問い合わせをしてZoom商談を受けてみるのもありです。商談までであればほとんどが無料ですし、10社くらい見てみるとポイントを掴めるようになるでしょう。

相談系のZoom活用例

新築住宅、物件探し、投資や保険関係など、相談窓口としてZoomを活用できます。例えばお金や保険の無料相談は【マネードクター】のように、オンラインでも相談窓口を用意し、敷居を下げています。

セミナー系のZoom活用例

今増えてきているウェブセミナー(ウェビナー)などでもZoomは使用されています。掲載物件数No.1!太陽光投資のウェブセミナーなら【スマエネ】など、無料のウェブセミナーをZoomで開催し、Zoomの利点を生かした個別の質問にも対応しています。

リクルート系のZoom活用例

転職hone(ホン)は、20代キャリアを磨く方特化した転職支援サービスで、無料カウンセリングを含め面談にZoomを活用されています。その他、転職ビジネスなどとの相性は良いです。

スクール系のZoom活用例

宅トレ応援!オンラインエクササイズ【LOOOM (ルーム)】のように、自宅でできるオンラインレッスンの中で、無料体験レッスンを設けており、それをZoomを活用し接点を演述、興味のある方に向けた提案とチャレンジの場を提供しています。また、CookLIVEのようなオンライン料理教室の体験レッスンもあります。
そのた英会話など、較的マーケティングしやすい分野と言えます。

クリエイティブ系のZoom活用例

webサイト制作などの初回相談や、提案などをZoomを用いてコミュニケーションロスを防ぎ、提案の効果を効率的に上げることができるでしょう。

まとめ:Zoomで新しいチャンスをつくりチャレンジにつなげよう

Zoomで新しいチャンスをつくりチャレンジにつなげよう

Zoomで集客することは、売り手にとっては買い手に向けた新たなチャンスの創出するということです。ここが一番重要です。

これにより、買い手にとってそのチャンスを掴み、チャレンジする事へのハードルを下げることができれば、Zoomに集客された意味や効果が見えてきます。

Zoomの良さを活かして、マーケティングの一役を担う戦略をつくりましょう。

関連記事

  1. 学習塾の集客方法に重要な2つの戦略

    マーケティング

    学習塾の集客方法に重要な2つの戦略

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  2. 【飲食店】集客に困った時は、3つの問題を解決しよう

    マーケティング

    【飲食店】集客に困った時は、3つの問題を確認しよう

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

  3. 事前決済サービス導入の考え方〜レンタルスペース事業の例

    マーケティング

    事前決済サービス導入の考え方〜レンタルスペース事業の例

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。レ…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP