webデザインを模写しただけではwebデザイナーになれない理由

webデザインを模写しただけではwebデザイナーになれない理由

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。
その前は10年デザインの仕事をしてきました。

今回は、

webデザインを学ぶには模写が重要だと聞きますが、それだけでは足りない気がしています。しかし何が足りないかわかりません・・・。

という声にお答えします。

これからwebデザイナーを目指す方にとって、何を学べばよいか雲をつかむ部分があるかと思います。

はじめの一歩として模写は重要で、様々なwebサイトを見て実際に形にしてみることでわかることも多いです。それ以上は、実際に仕事をしてみないと学べない、という意見も多いですが、いささか乱暴ですよね。

今回の記事では、事前に学ぶべき事として、知識やスキルの他に、プロとして何を学べばよいかをお伝えいたします。

本記事の内容

1 webデザインを模写しただけではwebデザイナーになれない理由
2 webデザインのプロになるには何を学べばよいか

では、みていきましょう!

1 webデザインを模写しただけではwebデザイナーになれない理由

webデザインを模写しただけではwebデザイナーになれない理由

模写できる事は凄いことです。
目で見て同じものを再現できるスキルは貴重です。

しかし、それだけでは「言われたことを忠実に再現する人」止まりなので、webデザイナーでも、ましてやプロではありません。

なぜなら、高いスキルを使ってwebサイトのビジュアルつくることができても、なぜそのビジュアルになったのか「意味が重要」だからです。

形には必ず意味があります。僕がデザインする時、実際はいちいち意味を考えてはいません。しかし、誰かに説明を求められた時には意味を説明できるように準備しています。感覚で仕上げたと思うデザインだとしても、何か意味があってその形に落ち着いたはずです。以下、webデザインの作り方の記事も参考ください。

プロにならないと、収入アップや信頼アップは望めない。

何度も言いますが、スキルを使って形をつくることができるのは凄いことです。スキルや知識で突き抜けるものありです。しかし、アートな自己表現ならそれでも良いですが、クライアントのデザインとなると話は別です。

センスの差はあるかもしれませんが、スキルが高いからと言ってプロかどうかは別問題なのです。

ではプロになるには何を学べばよいか

それは「企画を学ぶべき」です。

企画はweb制作やwebデザインを通じて見えるビジネスの全体像を捉えて、よりよくするための方策であったり戦略であったりします。

要は、そういった視点で案件を捉えられるかどうかが分かれ道です。

考え方としては次のような感じです。

まず,web制作をするということは何か目的があると考えます。それは大抵が何か問題があるためにweb制作の案件の話になっているはずです。そしてwebサイトに求める多くの期待は集客でしょう。

そして、その目的を果たす、問題を解決するためにはどうしたら良いのか。また、単に問題を解決するだけではなく、数年後も見た上で、新たなビジネスが必要ならば、マーケットをつくるための戦略も必要になるでしょう。

こういった、全体の戦略まで俯瞰して考えることができるのがプロです。いやいや、webデザイナーにそこまで必要じゃないとお思いの方、とても勿体ないです。

webデザインという、ビジネスの方向性を考えられるポジションにいながらそれを放棄するということは、自分自身に訪れているかもしれないチャンスも見逃すということ。

お客様の身になってとよく言いますが、ここまで考えることができて始めて言えることではないでしょうか。

プロを目指す、成長の機会にしていきましょう。

2 webデザインのプロになるには何を学べばよいか

webデザインのプロになるには何を学べばよいか

前項からの続きで、企画のポイントをもう少し深めてお伝えします。

企画4つのポイント

①だれがwebサイトを運営するのか
②だれに見てほしいwebサイトなのか
③どんな目的があるのか
 ・立ち上げる理由、起こっている問題、解決したい課題
④どうなりたいのか
 ・狙う売上、つくりたいマーケット、目指したいブランド像

これらクライアントのあるべき姿を「クライアントに代わって」模索します。

要はクライアント自身それができていたら、相談など無く、自分たちで解決に向けて行動しているはずです。しかし、それがうまく行かないので、web制作という切り口で依頼してきているのです。

ですので、その依頼から何を汲み取るかが重要です。クライアントも意識していないインサイトまで汲み取って提案しても良いはずです。

自分自身を見つめること、これはクライアント自身もなかなかできていないことです。そういう意味では、代わりにひとつの提案としてクライアントの未来像を形にして見せてあげることが、デザインの役割ではないでしょうか。

webデザインができたら未来を実現するプロジェクトを考えよう

そして、webデザインを制作した上で、未来を実現する戦略まで考え提案できたら凄いサービスですよね。

ということで、それには以下の6つのことを考えましょう。

・どういうノウハウを蓄積すべきか
・どういう人材が必要か
・どういう行動をとるべきか
・どんなチーム、体制にすべきか
・どんな商品を開発すべきか
・どんなマーケティング戦略が必要か

ただのwebデザインに留まらず、プロジェクト化してどのように進めるかまで提案できたら、他社に真似できない圧倒的なサービスを提供できると思いませんか。そして最終的には企画書などにまとめられれば上出来です。

ここまでくれば、webデザイナーという名のプロのコンサルタントですね。ぜひ目指していきましょう。

まとめ:プロを目指そう。

プロを目指そう。

コンサルタントと名乗る名乗らないは別として、webデザインは可能性を秘めています。

それは形にできるということは、物事を先に進めることができる力です。想いはあっても形にすることができない人が多い中、作った形で物事は進んでしまう経験は多いと思います。

せっかく作るならば、プロの視点で、ビジネスそのものが良りよくなる仕事を目指してはいかがでしょうか。

関連記事

  1. webディレクションを学べるおすすめスクール3選〜マーケティングスキルが鍵

    デザイン

    webディレクションを学べるおすすめスクール3選〜マーケティングスキルが鍵

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。そ…

  2. デザイナーから異業種転職のすすめ【自分を取り戻そう】

    デザイン

    デザイナーから異業種転職がおすすめ!重宝される理由

    ⇒別な切り口で続編記事を書きました!こんにちは、タカハシサト…

  3. AI時代の到来でwebデザインの仕事はなくなる?

    デザイン

    AI時代の到来でwebデザインの仕事はなくなる?

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。その前は1…

 

チャレンジ応援のまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    レコメンド

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    レコメンド

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    レコメンド

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    レコメンド

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

 

グラスの商品・サービス

  1. グラスの手帳|文庫本サイズ

    グラス

    グラスの手帳|文庫本サイズ

    当方で商品開発した、グラスの手帳を数量限定販売いたします。1冊500円(税別)で販売中。

  2.   【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    グラス

    【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    ビジネスサイクルの速い飲食業界では、何かをつくる事で推進される仕事が多々あります。そんなデザインを切り口とした、月額支援サービスのご提案。月額33,000円(税込)〜

  3.   【提案無料】グラスのweb制作

    グラス

    【提案無料】グラスのweb制作

    小さく始めて大きく育てる、新事業のチャレンジに最適な、ミニマムなweb制作のご提案です。99,000円(税込)〜

アーカイブ

PAGE TOP