仕事の悩みと解決方法〜僕の転職4回の経験談

仕事の悩みと解決方法〜僕の転職4回の経験談

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

仕事で悩むことが多くなってきました。
どのように解決されていますか?

という声にお答えします。

今回の記事は、転職4回(厳密に言うと今回起業すると仕事を6回も変えることになります・・・)の僕が、仕事の悩みの解決方法をお伝えします。

一般的な回答も面白くないので、僕がその時感じて行動したことをお伝えするこで、より参考になれば幸いです。

あまりにダメダメなので、参考にならないかもしれませんが(汗)

本記事の内容

1 仕事の悩みと解決方法〜僕の転職4回の経験談
2 仕事の悩みの解決方法5つまとめました

では、みていきましょう!

1 仕事の悩みと解決方法〜僕の転職4回の経験談

仕事の悩みと解決方法〜僕の転職4回の経験談

仕事の悩みをまとめると、4つに分類されるかなと思います。

・給与待遇
・仕事内容
・人間関係
・職場環境

いかがでしょうか?

書き出しながら思うことは、全てが「環境」が原因なんですね。そして、「環境」は自分ではほとんど解決できません。

悲しいかな解決できない事で悩んでいることがわかりますね。そして、本当に悩むべきは「自分自身」の事です。成長できない自分、変わらない自分、わがままな自分、人のせいにする自分・・・・。

周りの環境の影響が大きすぎて、自分のことは棚に上げてしまうのです。しかし、自分の事も周りと同じくらい大事に向き合うことができればバランスが取れはじめ、悩むことはないと41歳の今になって思うことです。

よって、解決方法は「自分と向き合う事」となります。

さて、以下より自分の体験談です。そんな僕は自分と向き合って来たのでしょうか?

はじめの職場の場合(印刷会社)27歳当時

【給与待遇】
 ・高卒初任給より安い
 ・なかなか健康保険に入れない
【人間関係】
 ・社長が尊敬できない
【職場環境】
 ・車で通勤1時間

上記の事で悩んでました。
今思うと、よくこんな待遇で仕事していたなぁと・・・。

27歳より前の職歴がないのは働いていないわけではなく「個人事業主」だったからです。そういうと聞こえは良いですが、ただ就職できなかっただけで、仕事のできない人間でした。

それは、個人事業主という状況の割りには挑戦が少なかったからです。と、それまでの話はこのくらいにして、この職場ではそんな不安定な職からの転職でしたので給与が毎月もらえるだけで満足でした。

そうして1〜2年働くと、厳しい環境・待遇であることに気づいていきます。特に給与は厳しかった・・・。

結果、解決策は「転職」でした。

僕は辞める事も言い出せない勇気のない人間だったので、何も行動できず先に進めませんでした。実は会社をやめなければならない自体になったというのが正直なところです。自分自身と向き合ってはいないですね・・・。

2つ目の職場の場合(IT系の会社)29歳当時

【給与待遇】
 ・大卒並みになってきたが今後に不安
【人間関係】
 ・社長が尊敬できない
 ・苦手な同僚
【職場環境】
 ・経営者と従業員の関係悪い

個人事業主から会社員を経験し、次のステップとしてIT系の企業でホームページ制作を中心に仕事をしました。

通勤時間も5分程度になり、待遇も前職と比べて良くなったので、満足していましたが、同僚との連携や共有が苦手で、さらに人にお願いすることも苦手で、仕事を一人で抱えがち。苦手な同僚がいたら余計に関われない状態でした。

また、会社自体、経営者と従業員とに溝があって、結局空中分解したことで離職し、環境を変える事になりました。

ここでのコミュニケーションの問題も、自らと向き合うことはしてこなかったですね。流れるままだったかなと思います。

3つ目の職場の場合(企画会社)32歳当時

【仕事内容】
 ・うまくできない
【人間関係】
 ・萎縮
 ・苦手な同僚

あいかわらずの人間関係に悩む日々。加えて、仕事が理解できず、うまくもできずで悩みが上乗せでした。

自分自身と向き合うチャンスは幾度となくあったのですが、自分と向き合うには「余裕」が必要です。心と身体にある程度の余裕がないと、本当に自分自身と向き合うことなんで不可能なんです。

これも、自ら時間も余裕も無くして行き、自分で自分を追い詰めて行くことになります。

結果として「逃亡」が解決策になってしまいました。
しかし、自分が自分であるためにはそれしか無い感じでした。

今の職場の場合(飲食店経営会社)41歳現在

【給与待遇】
 ・今後多く望めない
 ・評価に疑問

悩みも待遇が締めています。

しかし、ようやく自分自身で考えた事を素直に実行できるようになります。あたりまえの事ですが、僕にとっては難しい事だったので。

何かに縛られることもなく、自分の考えを素直に表現できるようになると、その時点で自分と向き合えている状態と言えます。自分を否定していないわけですから。

14年かかってようやく自分自身と向き合う事を理解する

まったく長いですよね。
これを読んでいる方はイラついていらっしゃるんじゃないでしょうか(汗)

自分自身と向き合う事は大切だとわかっているけど、砲塔に素直に向き合えるようになるには、僕は随分時間を労しました。

これらを受けての解決方法をあらためて事項にまとめます。

2 仕事の悩みの解決方法5つまとめました

仕事の悩みの解決方法5つまとめました

・自分と向き合う
・仕事に打ち込む
・誰かに話す
・叫ぶ
・逃げる

以上の5つになります。

自分と向き合う

自分と向き合うって何でしょう?

悩んでいる状態は、自分の中に「悩み」が停滞している状態を指します。なので、その悩みも含めて自分自身を向き合うには、自分が悩んでいることを見えるようにしなければなりません。

見えるようにするための最も単純な方法は紙に書くことです。

嘘みたいな話ですが、紙に書く行為は自分の中にあった「悩み」は、書き出すために頭と手を使い文字に変換されて紙に書いた時点で、「自分の外」に「悩み」が飛び出した状態になります。

それを両の目で見ることが客観視となり、自分と向き合う一歩となります。やってみると面倒で億劫な作業ですが、効果的です。

以下に、僕が自分と向き合う方法をご紹介します。僕はtodoリストアップやタスク管理が良いなと思っています。何かの参考になれば幸い。

仕事に打ち込む

その仕事そのものは嫌いじゃなければ、とことんやってみるのもありです。意外とやっているようでやっていないものです。

それは待遇が悪いと「なぜそこまでやらなければならないのか」という考えが大きくなり、どこかで仕事を選ぶようになります。

もちろん必要以上の事はやる必要はありませんが、特に「誰もやりたがらない事」「誰の担当でもない仕事」があれば率先してやっていくのはあり。

なぜなら、それは誰もがやらないといけないとわかっていて放置している事だったりするので、それを取り組む人への評価が上がるからです。信用も積み重ねることができます。

これは、ボディーブローのようにじわっと効き、待遇がよくなる要因になったり、自分自身に発言力が増していくのを体感できるはず。

誰かに話す

誰かに話すが苦手な場合は先程の「紙に書く方法」になりますが、周りに話せる人がいるのであればぜひ悩みを話してみましょう。

会話することにより「悩み情報のボール」を他人にパスしてしまうことができます。話された人が「悩み情報のボール」の持ち主になり、話した本人は自分の外に悩みが出たことで楽になります。

また、その「悩み情報のボール」を他人を通じてパスされて戻ってくることで、「相手に編集された悩み情報のボール」になっており、これも客観視できる重要なポイントになります。

叫ぶ

とにかく感情を爆発させることですね!

架空の相手に向かって、徹底的に攻め立てるのもありです。本当はしないでしょうが、誰も見ていないので、大いにやりましょう。

この時のポイントは「自分は自分なんだから良いじゃん!」と、自分を認めてあげることです。誰にも認められなくても、自分だけは自分の見方になってあげましょう。

逃げる

これは褒められたことではありませんが、精神的に限界であれば、全力で逃げましょう。

僕は、本当に迷惑をかけたと思いますが、とある日から一切会社にいきませんでした。そこから本当に一切行っても会ってもいません。

仕事もほったらかし。おすすめ・・・はできませんが、精神的に厳しい状況なのであれば、これも仕方ないかもしれません。

仕事で悩んだら、最終的には転職?

「転職」は僕の中では現状を良い意味で整理できて、前向きなモードになって始めて行動できるものだと思っています。

なので、僕は転職を繰り返していますが、悩みと向き合い、本質的な解決はできていないまま転職したことが、自分を成長させるという点では時間がかかった原因だったのかなと思います。後悔はしてないですけどね。

今は気軽に相談できるサービスもあります。仕事の悩みについては「キャリアカウンセリング」がおすすめ。参考までに。

まとめ:仕事の悩みは貯めないように工夫しよう

仕事の悩みは貯めないように工夫しよう

先程の客観視ではありませんが、悩みを貯めない事にこしたことはありません。それにはまず、悩んだら、素直に悩んでいる自分を認める事です。我慢したりせず、格好つけたりせず、「おれ、悩んでまーす!」と言えるくらいにできるとベストですね。

なかなかできませんが、自分なりの悩みを貯めない工夫ができた時には、十分自分自身を理解して向き合っている状態です。

そこから人生の本番でも問題ありませんね!

関連記事

  1. 評価されない原因と対処法【評価を上げる方法を学ぼう】

    コミュニケーション

    評価されない原因と対処法【評価を上げる方法を学ぼう】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています…

  2. 自己肯定感を上げる・・・かもしれないエピソード10選

    コミュニケーション

    自己肯定感を上げる・・・かもしれないエピソード10選

    こんばんは、タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています…

  3. 傾聴スキルを身につけると人間力が増す理由【話の本質を見抜く】

    コミュニケーション

    傾聴スキルを身につけると人間力が増す理由【話の本質を見抜く】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP