集中型マーケティングで、リソースを集中させて強いブランドを築こう

集中型マーケティングで、リソースを集中させて強いブランドを築こう

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

集中型マーケティングとは何でしょうか?

という声にお答えします。

この記事は、集中型マーケティングが効果的と言われる中小企業や個人事業の方へ向けた内容です。また、実際にどのように進めるべきか、その考え方を3つご紹介します。

いずれにせよ、様々な市場において不利である中小企業が勝つためには、強者が攻めづらい市場を選択するか、そもそも相手のいない市場を選ぶ事が重要です。

本記事の内容

1 集中型マーケティングで、リソースを集中させて強いブランドを築こう
2 集中型マーケティングの進め方3選

では、みていきましょう!

1 集中型マーケティングで、リソースを集中させて強いブランドを築こう

集中型マーケティングで、リソースを集中させて強いブランドを築こう

集中型マーケティングとは

市場を絞りリソースを集中させるマーケティング手法

です。

最も重要な事は、どのような市場に絞るかですが、忘れてはいけないのは、集中する分、強いブランド力を持った商品が必要になります。

↓マーケティングは売れる仕組みです。こちらの記事もご覧ください。

スモールビジネス〜中小企業に向いている

単純に考えて、中小企業はリソースが限られています。お金もはもちろん、人材も限りがあります。お金と人材に限りがあると、自社でできることにも回切りがあり、同時に進められる事も限りがあります。

こういった経営資源をどこに集中させるか、それこそ経営判断が重要になります。そして、判断が遅くなればなるほど、リスクが大きくなります。リソースは少ない代わりに身軽な事が強みなので、決断を早めてトップスピードを維持できるように進めるべきでしょう。

実際、中小企業、特に小規模事業者は、できることが限られています。代表しかいない個人事業主ならもっと限定的です。

自分ひとりしかいないわけなので、少しも無駄にしたくないと考えるのは自然なことです。よって、リソースを集中させる市場を選択する事で、無駄なく効率的にビジネスを展開することが重要です。

戦う市場を絞ったとして、その中で高いシェアを獲得するためには、最終的には商品そのもの、そしてブランド力が重要になります。

強いブランドをつくるには、魅力をどうつくり育てていくことができるかというブランディングに精通している必要があります。

市場を絞り、商品開発にリソースを集中させれば、より良い商品が生まれる可能性が高まりますが、強いブランドになるかどうかは、最初に決めるブランド設計次第です。強いブランドは、そこに強い存在理由があります。どんな商品にも強さはどうあれブランド力は存在しますが、それをあえて強くするためには、その意味がより重要になります。

魅力的なデザインと、それが他と区別され選ばれる理由とは。絞った市場に存在する購買者像と、強いブランド力をもった商品が結びつくことで、大きなシェアを獲得することができるのです。

このような意味で、集中型マーケティングには、よりブランデイングが重要になります。

↓購買者像、ペルソナについてはこちら。

↓ブランディングについてはこちらの記事を参考ください。

2 集中型マーケティングの進め方3選

集中型マーケティングの進め方3選

進め方の第一歩は、戦う市場をどう決めるかです。
そして決めるためには選択肢が必要です。

選択肢はアイデアから生まれますので、どういった切り口でアイデアを出せばよいのかを踏まえて3つお伝えいたします。

・STP分析で発想する
・リソースを見つめる
・構想を練る

です。

STP分析で発想する

STP分析とは

・セグメンテーション(市場細分化)
・ターゲティング(狙う市場の決定)
・ポジショニング(自社の立ち位置の明確化)

です。

ここで学ぶべきは、市場と自社との関係性です。

当たり前といえば当たり前ですが、狙う市場ばかりを見ていても何が答えなのかわかりませんが、そこに細分化された市場と自社の立ち位置という要素を加えることで、どのような組み合わせならばうまくいくのか、全体としてバランスが取れているかどうかという視点で見ることが重要、という事です。

狙うべき市場を決める上で、市場をどのように細分化するか、自社をどこにポジショニングするべきかをセットでアイデアを考えていきましょう。

↓STPについての記事はこちら

リソースを見つめる

自社のリソースについて着目することで、狙うべき市場のアイデアが見えてくるということです。

リソース=資源ですので、今ある資源を活かす方法を考えたほうが具体的で現実的なアイデアに結びつきやすいですよね。

SWOT分析という強みや弱み、機会や驚異から自社の戦略を考える手法もありますが、それをもう少しシンプルに考えると、自社のリソースをぐるりと見渡し、

・強みでチャンスを活かせる事
・弱みでやらないほうが良い事

というテーマでアイデアを出すと良いでしょう。

アイデアの出し方は何種類かありますが、まずは数を出してみるというところで「KJ法」をおすすめします。

KJ法は、上記2つのテーマについて例えば100個思いつくままに書き出します。その中から同じものはまとめ、いらない物を無くして、10個に絞りましょう。さらに優先順位を付けてベスト3を決めましょう。

これだけでも、自社のリソースについて見つめたことになると思いませんか。

↓アイデアの出し方に触れている記事をご紹介。

構想を練る

狙うべき市場を決める切り口として、未来像から見てみる方法。

自社が考える経営戦略の行き着く先に、どんな未来が待っているのか。逆に言えば、その未来を実現させるためには、どんなビジネスが必要で、どんな市場を狙うべきか、そしてそこにある商品とは何か。

↓構想力についての記事はこちら

未来を想像した上で、そこで収益を得る必要があります。ということは、何かしらのビジネスモデルがあるということです。未来を想像しながら、どうやって収益を上げているのかも同時に想像してみましょう。

↓ビジネスモデルの作り方はこちら

まとめ:リソースを集中させるには、決断スピードが重要

リソースを集中させるには、決断スピードが重要

中小企業、個人事業も含め、最大のメリットは早く行動できること。それには決断力を磨くことが重要です。

集中型マーケティングのためのアイデアを出し方向性を決めたのならば、実現可能なものは行動に移していきましょう。

アイデアを出すスピード、決断のスピード、行動のスピード。これらを強みにできたのならば、多くのチャンスに巡り会えるかもしれません。

関連記事

  1. 美容室におすすめの集客方法〜一度ビジネス全体を俯瞰しよう

    マーケティング

    美容室におすすめの集客方法〜一度ビジネス全体を俯瞰しよう

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  2. ペルソナマーケティングとは、本音を想像すること

    マーケティング

    ペルソナマーケティングとは、本音を想像すること

    地方で10年、企画の仕事をしています。今回は、マーケ…

  3. 【2021年2月】レンタルスペース運営に最適な予約システム5選

    マーケティング

    【2021年2月】レンタルスペース運営に最適な予約システム5選

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

 

チャレンジ応援のまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    レコメンド

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    レコメンド

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    レコメンド

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    レコメンド

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

 

グラスの商品・サービス

  1. グラスの手帳|文庫本サイズ

    グラス

    グラスの手帳|文庫本サイズ

    当方で商品開発した、グラスの手帳を数量限定販売いたします。1冊500円(税別)で販売中。

  2.   【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    グラス

    【初回半額/5社限定】グラスのフードビジネス支援

    ビジネスサイクルの速い飲食業界では、何かをつくる事で推進される仕事が多々あります。そんなデザインを切り口とした、月額支援サービスのご提案。月額33,000円(税込)〜

  3.   【提案無料】グラスのweb制作

    グラス

    【提案無料】グラスのweb制作

    小さく始めて大きく育てる、新事業のチャレンジに最適な、ミニマムなweb制作のご提案です。99,000円(税込)〜

アーカイブ

PAGE TOP