両利きの経営とは、ビジネスにおける攻守二刀流のこと

両利きの経営とは、ビジネスにおける攻守二刀流のこと

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

両利き経営とはなんですか?
ある記事で両利き経営がこれからの社会で必要とかいてありました。
しかし難しくて人に説明できるほどの理解は出来ませんでした。
よければ、高校生にも分かるように解説してほしいです。

という声にお答えします。

これは先に答えを言うと、両利きというくらいなので、2つの事業を同時にバランス良く経営するということです。

会社組織で、2つの事を同時に進める事は特別なことではありませんが、会社経営なので、これからも継続して収益を上げていくためには、

・今取り組んでいる事業をさらに収益を増やすために深めていくこと
・未来のために投資して新しい事業にするために試していくこと

この2つを同時にという意味になります。この経営がなぜ社会で必要なのでしょうか・・・?

本記事の内容

1 両利きの経営とは、ビジネスにおける攻守二刀流のこと
2 両利きの経営を実行するための必要な考え方3つ

では、みていきましょう!

1 両利きの経営とは、ビジネスにおける攻守二刀流のこと

両利きの経営とは、ビジネスにおける攻守二刀流のこと

先程お伝えした2つの方向性で事業をすすめる、いわば二刀流です。
・・・二刀流は大谷翔平選手、僕の故郷花巻の英雄!はさておき、、

よく言われているのは

① 探索(新規事業の開拓)
② 深化(既存事業の深堀り)

の2つです。

言い換えれば

・挑戦と保守
・SEOとCTR
・狩猟と農耕

でしょうか。
広めることと深めることという意味で対比して書いてみました。

攻めと守りじゃないですが、ビジネスの視点で言えば、現状維持はいずれ陳腐化し衰退していくものです。これは、おそらくどんなビジネスでも一緒です。

しかしそれでも存続している企業は、見えないところで挑戦しているから続いているわけです。

「挑戦」は結果の見えない投資ですので、わかっていてもなかなか実行できないものです。今の安定を崩すことになるし、今まさに収益を出している事業に力を入れたほうが効率的だからです。ましてや中小企業は資本力もないので、余計に挑戦しづらい状況にあるわけです。

両利きの経営が社会で必要なわけ

それは未来を優先した行動だからです。
企業は営利目的なので分かりづらいですが、未来のためであれば営利目的だけで行動することはできません。

社会に置き換えてみれば、SDGsもそうですが、解決しなければならない問題は、両利きの経営感覚でないと実行できないはずです。

両利きの経営は、未来のことも考えて、今しっかりと行動するという意味で社会に必要な手法だと僕は思います。

企業にとってはイノベーションを起こすため

イノベーションは技術革新を表す言葉です。僕的には「新しい価値を生み出す事」だと捉えています。

今日の新しい技術、多様な価値観、変化する生活・・・。すでに新しい価値が生まれてきていますが、そのような時代背景において、会社のあり方を問い直さなければならない場面は増えてくるはずです。

そういった変化に対応し、さらにはリードするためには、そもそも両利きの経営的な発想や戦略を持ち合わせているかが重要です。いきなり変化せよといわれても難しいように、会社もその気がなければ変化できませんし、気づいたら手遅れかもしれません。

なぜイノベーションは起きない?

こういった事を予測したとしても、そう簡単にイノベーションは起きません。これは経営者が起こす事もありますが、従業員、ひょっとすると末端のアルバイトさんがひらめく事かもしれません。

このように、イノベーションは何か特別なことではなく、日々の仕事の中でふと湧くような思いを素直に表現し実行できる環境であるかとうかが最重要なのです。

それを踏まえると、イノベーションが起きない環境は

・経営者にリーダーシップが足りない
・探索も深化も従業員は他人事になっている
・イノベーションの以前にモチベーションが低い

であると考えています。では、両利きの経営をどうやって実現するか。

2 両利きの経営を実行するための必要な考え方3つ

両利きの経営を実行するための必要な考え方3つ

僕は、中小企業でしか勤務したことがないので、それを前提にお話します。

①どちらも共通の戦略の元に実行する
②新たな事業は経営者直轄の特別部隊
③特別部隊を特別にしない 挑戦の文化

の3つになります。説明しますね。

①どちらも共通の戦略の元に実行する

どちらもというのは、

・ 探索(新規事業の開拓)
・ 深化(既存事業の深堀り)

の事です。探索は探索、深化は深化では、会社としての一貫性はなく、本当に効率も生産性も低くなるかもしれません。

異業種に舵を切らなければならない局面もあるかもしれませんが、それでもなぜその業種なのかは、共通の理念があって選択されるべきでしょう。

この時点でぶれるということは経営者自身がぶれているということで、そこにいる従業員は、どういう気持で臨めばよいかわからなくなります。しまいには、やれと言われたからやるといった仕事っぷりになり、イヤイヤな仕事になりイノベーションは起きないでしょう。

②新たな事業は経営者直轄の特別部隊

新たな経営戦略のもとに両利きの経営を進める場合、重要なのは組織体制になります。

既存の組織は既存の事業を進めるために最適化されていると思いますが、問題は探索を行う部隊です。既存の組織体制に兼任させる形では、目の前の深化の仕事に引っ張られて、探索の優先順位は下がり、結果物事が進まなくなります。

よって、タイトル通り、特別なプロジェクトチームを設けるのが得策でしょう。それも経営者直轄でスピードを持って動けるような体制です。特に中小企業ではそこに大きくリソースは割けないので、取り組むプロジェクトに合わせて臨時チームを立ち上げて進めると良いと思います。

③特別部隊を特別にしない 挑戦の文化

最後に、この特別なチームをどうやって選出するかです。

会社の未来を背負っているとはいえ、売上など成果としては目に見えづらいため、他の既存組織のメンバーとのバランスが重要になります。

ですので、このチームには誰でもなれる可能性がある事が、従業員全員にわかっている状況が大切で、また実際の仕事内容は難易度が高く挑戦することが多いため、評価に結びつける必要があります。

星野リゾートのように立候補制を設けるなど、挑戦する事をルール化し、企業文化づくりへとつなげていくのも良いはずです。そこには、従業員が持っている考えやアイデアをもとに表現したり行動に移すことになりますので、想定した以上のイノベーションが起きる可能性が高まります。

それと同時に、モチベーションの高い、魅力的な会社組織となっているはずです。

↓フラットな組織を目指した星野リゾートにも触れた記事もご参考まで

まとめ:両利きの経営は、実現するための組織が重要

両利きの経営は、実現するための組織が重要

おさらいですが

・ 探索(新規事業の開拓)
・ 深化(既存事業の深堀り)

この2つの方向性を同時に進める事です。

個人事業ならば自分自身がバランス良く取り組むということですが、従業員のいる企業であれば、これを実現する組織体制をどう作るかがポイントになります。

僕は、挑戦を称賛する企業文化がベターではないかなと感じています。

↓組織体制についての記事です。こちらも合わせてご覧ください!

関連記事

  1. ホームページを更新すべき3つの理由【Web担当者必見】

    リーダーシップ

    ホームページを更新すべき3つの理由【Web担当者必見】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  2. 経営企画とは?経営者に最も近い経営の代行者である理由

    リーダーシップ

    経営企画とは?経営者に最も近い経営の代行者である理由

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  3. 成功するまで諦めない人になる方法〜ハードルの決め方はセンス

    リーダーシップ

    成功するまで諦めない人になる方法〜ハードルの決め方が重要

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP