面白い企画を思いつくための考え方〜ギャップを演出しよう

面白い企画を思いつくための考え方〜ギャップを演出しよう

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

駆け出しYouTuberです。
面白い企画思いつく方いませんか?
どうしたら面白い企画が思いつきますか?

という声にお答えします。

YouTubeの企画も、オンラインのイベント、キャンペーンなども
情報量が増えるにつれ、企画も目新しいものが必要になります。

そこで、面白いとは何かを辞書で調べてみると

1 興味をそそられて、心が引かれるさま。興味深い。
2 つい笑いたくなるさま。こっけいだ。
3 心が晴れ晴れするさま。快く楽しい。
4 一風変わっている。普通と違っていてめずらしい。
5 思ったとおりである。好ましい。
6 風流だ。趣が深い

とあります。

ウケが良い事や笑える事だけではなく、心が動かされるような事、普通と違うことを「面白い」と表現します。

ここで大切なのは、面白い企画を作る自分自身が「どんな面白い」を求めているのかを明確にしなければなりません。僕の場合は新しかったり、めずらしかったりで心が引かれることかな。

実際は感覚的なことで、こんなことをいちいち考えることもないですが、今はあえて言葉で表現してそのエッセンスを理解することで、自然と面白いことを発想できるようになるはず。

本記事の内容

1 面白い企画を思いつくための考え方〜ギャップを演出しよう
2 面白い企画を一緒に考えよう〜具体例で紹介

では、みていきましょう!

1 面白い企画を思いつくための考え方〜ギャップを演出しよう

面白い企画を思いつくための考え方〜ギャップを演出しよう

一言でいうと「面白い=ギャップ」です。

ギャップがあるから気になるし、そのギャップがどうなるのかという行末も気になります。簡単に言えば、これをどう作るかになります。

今回の質問者さんの場合、YouTubeという事が大前提ですので、動画での表現が条件になります。その上で、誰がギャップに感じることかが重要となります。ギャップを作り出すことはわかっても、実際つくるとなると漠然としすぎていてどうしたら良いかわからなくなります。

どうしたら良いかわからなくなると、例えば何かアイデアがあったとしても、それが面白いかどうかの判断がつかず、決めることもできません。すると全てに自信がなく面白くないんじゃないかという考えに取り憑かれます。

しかし、それはアイデアが悪いのではなく、判断基準に問題があるということです。では、その判断基準をどうつくるか。

決断力のある人は、この判断基準が明確です。よってアイデアの中から意味ある選択が早くできるという事になります。傍から見て決断力があるなぁと見える人は、決断する以前に基準をしっかり定めることができる考え方ができています。

今回の「面白い」かどうかを決めることも同じで、判断基準の準備次第、ということになります。

条件が重要、整理して考えよう

面白いを決める判断基準=条件は4つ。これが定まっているとアイデアも出るし、決めることもできます。

・誰にとって面白いか
・どんなテーマか
・なぜ面白い企画をしたいか
・どんな面白さを目指しているか

上記の4つです。

もっと単純に言うと

誰のために何をやって面白くするか

となります。

当たり前といえば当たり前ですが、しかし「面白い企画」という手段ばかり探していると、物事の本質、目的が見えなくなるものです。

そして、この時点では何も面白くありません。それは当然です。面白くなるのは、実際に考えたことが相手に伝わった後です。そこで自分が考えたことじゃない事が起きるのが最も面白い。そして、この考えたことが相手もギャップに感じて面白いとなると最高ですよね。

よって条件は「誰に」が重要です。

ターゲットが見えれば大きな前進です。古いですが、ラブレターを渡す相手がいないのに、どんなラブレターが良いかを考えるようなものです。

まずは、この「誰に」をトリガーにしてアイデアを出します。

↓アイデアの出し方としてオリジナルボードを使ってみませんか。

例えば僕はバイクが趣味なので、「ツーリング好きの男性」を対象とすれば、YouTuberのチャンネルの方向性は見えてきます。

次に考えるのはテーマですが、僕はYouTubeをやる場合0からになるので、誰かと同じような動画内容にしてしまうと選ばれにくいですよね。バイクと言っても切り口はいろいろあるので、僕らしいテーマとは何かを考えるべきでしょう。

例えば僕は42歳ですが、実は免許を取ったのは遅くて38歳でした。なので、アラフォーから免許取得に挑戦するというテーマは結構ニッチかもしれません。すると先程の「誰」が「アラフォーでバイクを新しい趣味にするため挑戦したい人」をターゲットにすべきだ、というように考えが深まります。

この切り口でYouTubeを始めるとして、例えば3年後どうなってると面白いでしょうか?まずは答えを探ります。一番重要なのはどんなyoutubeチャンネルになっているかです。YouTuberですので配信者のブランドが強まっている状況となるには、どんなコンテンツがふさわしいか。

そしてここから先はやってみないとわからない、という領域になります。机上であれこれ考えると、これは本当に面白いのか、わからなくなります。こういうい時は、他と同じ動画かもしれないけれども、実行してみることが需要です。それは、実行できる人がそもそも少ないから。

2 面白い企画を5つの手順で一緒に考えよう〜具体例で紹介

面白い企画を5つの手順で一緒に考えよう〜具体例で紹介

では一緒に企画を考えてみましょう。

僕はYouTuberになりたいわけではありませんが、僕の事業を広めるためにYouTubeを活用したいと考えています。

それは、来月(2021年7月)から、グラシーズというダンスができるレンタルスタジオを経営し始めるためです。やっぱりダンスなので絵になるし、かっこいいダンス動画は見ていて楽しいし、憧れます。

①ターゲット
②テーマ
③動画を見る動機
④面白い未来像
⑤タイトル

5つの手順は上記のとおり。

①まずはターゲットを考えましょう。

レンタルスタジオなので「スタジオを利用しようと思っている人」なんですが、もう少し深めて、このスタジオのある「山形県でダンスに憧れるキッズやティーン」に絞っていきます。

なぜ絞ったかと言うと、ブランドイメージを強くするためです。

①ターゲット:「山形県でダンスに憧れるキッズやティーン」

↓ブランディングについて説明している記事はこちら

②どんなテーマの動画にするか

先に具体的なターゲットを決めてしまったので、このキッズやティーンが憧れるということは、憧れるダンスの先輩が踊る動画がいいですよね。なので、テーマは「地元でチャレンジしているキッズ・ティーンのダンサー紹介」が良いかな。

どこかの地域にはあるかもしれませんが、僕の地域にはないのでこのテーマにしました。

①ターゲット:山形県でダンスに憧れるキッズやティーン
②テーマ:山形県でチャレンジしているキッズ・ティーンのダンサー紹介

③どんなきっかけで動画を見るか

きっかけとしては紹介されているダンサーそれぞれの周りにいる人へのバイラルかな。もちろんSNSもあるでしょうし。

ここで注目すべきは、そういったきっかけで見たチャンネルには、同じような憧れる人の動画が集まっているという事。

①ターゲット:山形県でダンスに憧れるキッズやティーン
②テーマ:山形県でチャレンジしているキッズ・ティーンのダンサー紹介
③動画を見る動機:口コミやSNS

④この先にどんな未来が待っているか

このチャンネルで紹介するキッズやティーンのダンサーが100人いたら?少なくともこの地元でそんな強いコンテンツのYouTubeチャンネルはないはず。このチャンネルがもつ魅力はかなり強くなるので、アクセス数も自然と伸びていくはずです。

こうなってくると、ひとつの市場になりますので、コンテストやコンサートもできるかもしれませんし、ダンサーそれぞれが次のステップへつながるきっかけを掴むかもしれません。

①ターゲット:山形県でダンスに憧れるキッズやティーン
②テーマ:山形県でチャレンジしているキッズ・ティーンのダンサー紹介
③動画を見る動機:口コミやSNS
④面白い未来像:キッズやティーンのダンサーが100人のメディア

⑤このチャンネル、プロジェクトにタイトルをつけよう

ここまで考えた流れを踏まえてタイトルを付けると・・・

グラシーズ・バースディ 未来のダンサー誕生

いかがでしょう(勝手に気に入っている)。

まとめ:面白いかどうか、行動して実証しよう

面白いかどうか、行動して実証しよう

ここまで考えることができたら、行動に移してみましょう。

僕の場合はチャンネルの立ち上げ、実際にキッズダンサーやその親御さんに話を持ちかけてみるなど、思いついたことを形にしてみることです。

そうして自分の中だけにあった物が、誰かの目に触れることで化学反応がおきるはず。そこに実際の答えは眠っているし、それこそが「面白い」はずです。

関連記事

  1. 【初心者向け】企画の仕事をうまく進めるコツは全体を見渡すこと【企画は新しい価値をつくる】
  2. アイデアは被っても良いから実現させよう【企画の仕事】

    企画アイディア

    アイデアは被っても良いから実現させよう【企画の仕事】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

 

チャレンジ応援のまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    レコメンド

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    レコメンド

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    レコメンド

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    レコメンド

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

 

グラスの商品・サービス

  1. グラスの手帳|文庫本サイズ

    グラス

    グラスの手帳|文庫本サイズ

    当方で商品開発した、グラスの手帳を数量限定販売いたします。1冊550円(税込)で販売中。

  2.   ラクーン(raccoon)ホームページ更新専門店

    グラス

    ラクーン(raccoon)|ホームページ更新専門店

    SNSですぐ頼んで完了!ホームページ更新専門店。ちょっとした修正、簡単なニュースなど、気持ちも手も回らない担当者さんへ。1作業1,000円(税込)〜。

  3.   【提案無料】グラスのweb制作

    グラス

    【提案無料】グラスのweb制作

    小さく始めて大きく育てる、新事業のチャレンジに最適な、ミニマムなweb制作のご提案です。99,000円(税込)〜

アーカイブ

PAGE TOP