無人のレンタルスタジオを開業する手順と準備リスト

無人のレンタルスタジオを開業する手順と準備リスト

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。
今月からレンタルスタジオを運営します。

今回は、

レンタルスタジオを開業する上での準備todo

を公開します。

僕が住むのは地方都市で人口25万人、中心商店街への出店ですが車社会のため、集客の難易度は高い、そんな状況でも開業です。

実際は開業してからが大変ですが、今回は開業までの準備todoリストをメモし、2店舗出店の備忘録にするとともに、レンタルスタジオ出店を検討される方の参考になれば幸いです。

本記事の内容

1 無人のレンタルスタジオを開業するための手順
2 無人のレンタルスタジオ開業準備リスト

では、みていきましょう!

1 無人のレンタルスタジオを開業するための手順

無人のレンタルスタジオを開業するための手順

今回は開店するレンタルスタジオの備忘録です。順番は以下の5段階になります。僕の現在の状況は④〜⑤を進めている感じ。

①物件探し〜契約
②予約サイト立ち上げ
③利用ルール策定
④スタジオ備品等準備
⑤プロモーション活動

実際に物件を探し始めて半年といったスケジュールでした。
少し説明しますね。

①物件探し〜契約

レンタルスタジオ開業ですが、これに対応できる物件がそもそも少ないので。限りある選択肢の中から選ぶ必要があります。

レンタルスタジオはふと立ち寄るような場所ではなく、目的があってその場所へ向かうので、わかりづらい場所でなければ問題ないでしょう。ただし、地方都市では駐車料金を払いたくない傾向にあるので、集客のための戦略が重要です。

また、ダンスができるスタジオなので、振動や音の問題があります。テナントとして入る場合は、他のテナントなどへの影響が懸念材料になります。場合によっては、防音加工などが必要になるかもしれませんが、クレームが発生した場合は問題になりますので、さらに選択肢が狭まります。

僕の場合は、地下の空間が見つかった事と工事の好条件があったので、集客に難しい場所ではあるけど、それ以上のスタジオの価値を得られることを選択しました。

□レンタルスペース利用体験
□物件探し
□物件見学
□施工プラン・見積もり
□敷金など支払い
□契約

②予約サイト立ち上げ

物件が決まったのであれば、予約サイトを作成します。ここでまず考える事は

□事業計画
□予約システム

です。

これらが大体定まれば、あとは形にしていきます。僕はホームページを制作できるのでオフィシャルサイトのトップページデザインを完成させることができれば、事業計画も完成しているということです。

ホームページが制作できないのであれば、例えば以下の記事で紹介しているUpnowのようなサービスを使用すればまずはスタート可能です。

事業計画ですが、まずはテキストで以下の項目を考えまとめます。

□店名
□場所
□公式サイトURL
□予約システム
□決済方法
□基本利用料金
□オプション
□利用者向けサービス
□会員制度
□売上予測
□月額費用
□初期費用

とりあえず書けたとしても、それで決める必要はありません。次に、一旦視点を変えて、このスタジオを利用する人の視点で考えましょう。

わかりやすく、3つのポイントに絞り込んで見ると良いでしょう。僕の場合は

・価格
・地下で防音
・24時間営業でネット予約のみ

予約システムなので、基本はネット決済になります。場所はリアルなスペースですが、お客様のきっかけも購入場所もネットです。そういう意味では、ホームページの力の入れ具合で勝敗がわかれるかもしれません。

の3つです。

③利用ルール策定

こちらは、ホームページのコンテンツを考えていく上で固めていくことができます。とはいえ、難しい利用方法を用意する必要もなく、ネットで予約して指定した時間に現地に向かい、利用後退出するというシンプルな流れになります。

ここでの問題としては予約システムとも関わりますが、「鍵」をどのように運用するかがポイントになるでしょう。

僕は「スマートロック」を選択しましたが、キーボックスで運用する場合もあるでしょうし、運用費が高額になりますがスマートロックと予約システムを連携させて運用する場合もあります。

ただし、これは売上の絶対額は少ないスモールビジネスですので、固定費を安易に増やすのは気をつけましょう。

□予約方法
□支払い方法
□鍵の開け方・閉め方
□掃除のさせ方
□設備の使わせ方
□備品の使わせ方
□サービス提案の仕方

いろいろな決め事が必要です。基本は無人なので、ルールが全て。これを設定したからと言ってその通りに行動してくれるとも限りませんが、何もないとそれこそコントロールは難しい。考えられる事は、はじめに決め、どのように利用者に伝えていくかが重要でしょう。

④スタジオ備品等準備

ここまで見えてきたら、実際に必要な設備や備品を買い揃えていきましょう。その設備の特徴によって様々ですが、ダンススタジオにあるべきもの、あったほうが良いもの含め、リストにしています。

□WiFi
□問い合わせ電話番号
□スマートロック
□監視カメラ
□撮影用スタンド
□ヨガマット
□ヨガブロック
□デスク
□椅子
□時計
□空気清浄機
□シューズラック
□体育館モップ
□ハンドクリーナー
□検温機器
□消毒スプレー
□CDコンポ
□バレエバー

⑤プロモーション活動

準備も大変ですが、開店してからも起動に乗せるのも大変です。料金プランにもよりますが、定期的に利用される方をどう囲んでいくか。

レンタルスタジオは1日24時間の場合、1ヶ月で720時間がMAXです。1時間あたりの平均利用金額が1,000円なら売上のMAXは720,000円でそれ以上にはなりません。

家賃が100,000円として、利益率50%を目標にすると売上は200,000円。時間にして200時間です。平均して1日6時間は埋まっている状況になります。

これを目指す場合、僕の試算では

・定期的なスクールとして利用されるインストラクター10名
・月2回利用してくれる個人会員50名

あたりが指標となるでしょう。

これを目指してプロモーション活動を展開していきます。基本はネット上で購入するビジネスですので、webプロモーションがポイントになります。

□ホームページ更新コンテンツ
□LINE公式アカウント
□インスタグラム
□Googleマイビジネス
□スタジオ写真撮影
□見学対応
□利用体験
□インスタベース
□スペースマーケット
□SNS広告
□プレスリリース
□各種メディアサイトへの掲載
□オープンクーポン

2 無人のレンタルスタジオ開業準備リスト

無人のレンタルスタジオ開業準備リスト

今回の全ての項目をまとめたtodoリストです。
開業準備のお役に立てましたら幸いです。

①物件探し〜契約
□レンタルスペース利用体験
□物件探し
□物件見学
□施工プラン・見積もり
□敷金など支払い
□契約

②予約サイト立ち上げ/事業計画
□店名
□場所
□公式サイトURL
□予約システム
□決済方法
□基本利用料金
□オプション
□利用者向けサービス
□会員制度
□売上予測
□月額費用
□初期費用

③利用ルール策定
□予約方法
□支払い方法
□鍵の開け方・閉め方
□掃除のさせ方
□設備の使わせ方
□備品の使わせ方
□サービス提案の仕方

④スタジオ備品等準備
□WiFi
□問い合わせ電話番号
□スマートロック
□監視カメラ
□撮影用スタンド
□ヨガマット
□ヨガブロック
□デスク
□椅子
□時計
□空気清浄機
□シューズラック
□体育館モップ
□ハンドクリーナー
□検温機器
□消毒スプレー
□CDコンポ
□バレエバー

⑤プロモーション活動
□ホームページ更新コンテンツ
□LINE公式アカウント
□インスタグラム
□Googleマイビジネス
□スタジオ写真撮影
□見学対応
□利用体験
□インスタベース
□スペースマーケット
□SNS広告
□プレスリリース
□各種メディアサイトへの掲載
□オープンクーポン

まとめ:無人レンタルスタジオから始まるビジョンを描こう

無人レンタルスタジオから始まるビジョンを描こう

初期投資は比較的低いビジネスですが、無人という性質上、売上の上げ方に限りがあります。その場所の魅力、発信するコンテンツの魅力がブランドの基本になるでしょう。

そして、このビジネスの先にどんな未来が待っているのか。

レンタルスタジオを運営することで、少なからずここに人が集まりはじめます。それは0から作り上げた新たな市場です。インストラクター、個人利用者、施設を知っている人、ホームページの閲覧者、LINE会員、SNSのフォロワー・・・多くの人が、スタジオを中心に集まりつつある状況を踏まえ、次の戦略を描いて行きましょう。

関連記事

  1. 全くの未経験者でも企画の仕事ができる理由【弱肉強食の法則】

    企画アイディア

    全くの未経験者でも企画の仕事ができる理由【弱肉強食の法則】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  2. 企画職の自分がよりよい会社にする3つの方法

    企画アイディア

    企画職の自分がよりよい会社にする3つの方法【企画の仕事】

    こんにちはタカハシです。地方の飲食業界で働く41歳男性、本社…

  3. ビジョンの作り方・考え方〜誰かに聞いても答えは見つからない

    企画アイディア

    ビジョンの作り方・考え方〜誰かに聞いても答えは見つからない

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。最近は店舗…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP