企画力とは?身につけるための、すぐできる5つの方法

企画力とは?身につけるための、すぐできる5つの方法

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

企画力とは、要するになんですか?
そしてどうやったら身につきますか?

という声にお答えします。

この記事では「企画力」についてと、それを身につけたり高めるためには何をすればよいかについて書いています。

企画というと難しいように聞こえますが、実は誰もが自然に行っている行為です。難しくなりやすいのは、そこに収益が絡むからなのですが、少なくとも何かの目的のために物事を先に進めようとする力は「企画力」とも言えます。

もちろん結果として収益を上げないと事業は継続しませんが、目的さえ間違わなければ、結果はついてくるものです。

本記事の内容

1 企画力とは?現状をより良くするために重要な5つの力
2 企画力を身につけるための、すぐできる5つの方法

では、みていきましょう!

1 企画力とは?現状をより良くするために重要な5つの力

企画力とは?現状をより良くするために重要な5つの力

【結論】企画力=総じて現状を良くする力

です。

まったく課題のない人間、会社、事業などないでしょう。様々な価値観の中で、それでも前向きに建設的に考えたほうが良いということであれば、自ずと現状を良くしようと考えるのは自然です。

そういった時に取る全ての行動は「企画力」とも言えますが、より精度を高めるためにも5つの力に分解してお伝えいたします。

企画力を細分化すると5つの力が重要

・発想力
・決定力
・行動力
・共有力
・推進力

です。
これは順番も重要で、

発想力

決定力

行動力

共有力

推進力

この繰り返しになります。

このサイクルが早い人は仕事ができる人に見えますし、実際目に見えて成果を上げやすい人です。残念ながら迷っている暇はありません・・・。
全て説明しますね。

発想力

何か問題などのテーマについて前向きに発想できる力です。こうしたら良い、これをやってみたい、ここに行くべき等のアイデアを指します。

良く良いアイデアが浮かばないといった問題がありますが、アイデアを生むためにはその背景に経験が必要になります。例えば旅行の行き先を考える時に、一緒に行く人と話した方がより良いアイデアが生まれやすいのは、相手と会話することによって自らの中にアイデアを出すヒントが蓄積されるからです。相手の好み、考え方などの情報を得るからこそ、行き先に条件がついてアイデアを出しやすくなっているだけなのです。

しかし、発想だけでは何も前に進みません。言うことも難しいですが、それでも言うだけなら誰でもできてしまうからです。発想はそのような無責任なものですので、それで良いのです。重要なのは次の力です。

決定力

なぜ物事が先へ進まないかというと「決めないから」です。単純なカラクリですが、これが無いと、びっくりするくらい先に進みません。

「決めない」理由は、決めることでそこに責任が生じるからです。SNSも後押しするような発言力が大きくなった時代の中で、決めることに臆病になる気持ちもわかります。

そういう意味では、勇気や覚悟が必要、とは言いすぎかもしれませんが、しかし誰のためでもない、自分の心に決めるのです。簡単に折れ曲がってしまう決心では、リーダーに従うメンバーにも不安が広がりますよね。

多くの発想力で、解決につながる様々なアイデアが出たならば、それを決めるべき人が皆にわかるようにしっかり決めて、先にコマを進めましょう。

行動力

決めたのならば、すぐに行動に移します。
決めなければ行動に移せませんが、覚悟や決心が必要な重要な決断に時間がかかり、なかなか行動に移せないのも問題です。

決定も考え方次第です。そこまで思いつめた決断がこの時点で必要なのかどうか、それこそ冷静に見つめるべきでしょう。

行動力が重要になるのは、はじめの一歩を踏み出す時です。よって、まずは試しにこれをやってみよう!というくらいにライトに決めることも「決定力」ですし、それを受けて具体的な行動に移す事が「行動力」です。そこは、トライアンドエラーの世界でしょうから、小さな決断と小さな行動の繰り返しが重要であると言えます。

共有力

ここはセンスが必要です。
どんなセンスかというと「コミュニケーション」です。

コミュニケーションは、会話ではなく共有の意味です。

今取り組んでいる問題を解決する行動について、仲間やお客様とどのように共有していくかで、この問題が本当の意味で動き始めるでしょう。

これが下手くそだと、特定の担当者だけがアタフタしている状態になり、失敗する可能性が高まります。どういった人に、どういうタイミングで伝えればよいのか、思いやりも重要になります。

推進力

物事を推進するためには、全体像が把握できていなければ采配は難しいでしょう。いつまでに、発想し決定し行動し共有すればよいのか、ゴールまでの線を引けなければコントロールも難しい。

推進力はゴールまで導く力でもあるので、言い換えれば「諦めない力」とも言えるでしょう。

企画力は、より良くしようとするための行動そのもの

何か物事をより良くするために行動し解決した場合、これまで説明した5つの力を特に意識せずに使っているはずです。

「これは問題だ、なんとかしないと」
「こういう方法はどうかな?」
「よし、まずはそれをやってみるか!」
「じゃあ、この人に相談してみる」
「相談結果を共有してね」
「今週は他の方法も同時に試して、来週には解決しような」

のように進められるから、成果がでるわけです。

2 企画力を身につけるための、すぐできる5つの方法

企画力を身につけるための、すぐできる5つの方法

前項までに伝えたことは、簡単なようで難しい場合もあるでしょう。
僕自身は難しく苦手な事でした。総じてコミュニケーションが苦手だったので・・・。

そんな僕が、企画力を身につけるために念頭に置いてきた方法を5つご紹介します。先程伝えた5つの力を身につけるための答えでもあります。

・否定しない
・自分を信じる
・鉄は熱い内に打つ
・お互い様
・諦めない

です。5つの力に割り当てると

・発想力⇒否定しない
・決定力⇒自分を信じる
・行動力⇒鉄は熱い内に打つ
・共有力⇒お互い様
・推進力⇒諦めない

となります。

発想力⇒否定しない

発想の段階では正解も不正解もありません。なので重要なのは「否定しないこと」です。自分が考えたことも「でも、だめだよね」とか「ありえないでしょ」等、せっかくのアイデアを否定する必要はないのです。それは誰かが出してくれたアイデアも然り。

無責任で無邪気な世界ですね。

アイデアに関する記事もご紹介します。

決定力⇒自分を信じる

決めるための選択肢はいくらあっても、最終的に決める理由は「感」かもしれません。それには、今現在の自分自身の力を総動員して選ぶ必要があります。その支えとなるのは「自信」です。

では自信をどうやってつけるかの答えは、以下の記事に書いてみました。

行動力⇒鉄は熱い内に打つ

どういう時に一番行動するかというと「気持ちが熱い」時です。自分がホットな状態を活かし、それを力に変えて前進するのです。これが一番効率が良いし生産性が高い。

そのためには、今起きていることを見て見ぬ振りをしないこと、そして自分の気持に正直になることです。今やれない事は、後にやれないこともないですが、かける熱量が違うため、やらない可能性が高まります。

自分自身を熱量でコントロールしましょう。

似たような話の記事もご紹介します。

共有力⇒お互い様

共有はコミュニケーションとお伝えしましたが、共有=お互い様という感覚です。自身と相手で分かち合うと言えばよいでしょうか。

自分だけのためを考えては「ただのわがまま」、相手のことだけを考えては「ただのいいなり」。このバランスが重要です。自分も良いし、相手も良い部分は時に「妥協点」に映るかもしれませんが、そもそもなぜ共有するかを考えれば納得するはずです。

もちろん理由は、現状をより良くするため、ですよね。

推進力⇒諦めない

前項でもお伝えしましたが、推進するためにはゴールが見えていないといけません。そして、ゴールまでの道筋もある程度見えている必要があります。

しかし、いちばん重要なのは「諦めないこと」です。
ゴールへの道筋が間違っていたり迷ってしまうこともあるでしょうが、そこで諦めたらおしまいです。

成功するためには諦めない事、気の持ちようかもしれませんが・・・。
参考記事もご紹介しますね。

まとめ:現状を変えたいなら企画力を身に着けよう

現状を変えたいなら企画力を身に着けよう

おさらいですが、企画力=現状をより良くする力です。
そして、それは意外と地味であたりまえのことだったりします。

様々な自己啓発書でも言葉を変えて伝えられているような事です。

企画力を身につけるためには、5つの力を身につけるべきで、日頃の何気ない行動、考え方、選び方・・・生き方によるということです。

自分の生き方を変えて、世の中を変えていきませんか。

関連記事

  1. 企画職の人が辛いときに思うこと【共感】

    企画アイディア

    企画職の人が辛いときに思うこと【共感】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  2. 企画アイディア

    なぜ企画の仕事は必要とされるのか【企画の仕事をしたい方へ〜簡単になれます】

    こんにちはタカハシサトシです!企画の仕事は忙しいです汗…

  3. 企画の仕事は大変?【企画の仕事を目指す方へ】

    企画アイディア

    企画の仕事は大変?【企画の仕事を目指す方へ】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP