成功したい人へ贈る5つのアドバイス〜40代の僕が思う成功とは

成功したい人へ贈る5つのアドバイス〜40代の僕が思う成功とは

タカハシサトシです!

地方で10年、企画の仕事をしています。

今回は、

成功したいので行動しなきゃと思うのですが、
何も進んでいない事に焦るばかりです。どうしたら良いでしょうか。

という声にお答えします。

この記事では成功について書いています。
しかし、僕が「成功」しているかどうかは、これを読んでいる方はどう感じるかわかりませんが、お金や権力という意味では全く成功しているとは言えません。なので、どうやったらお金を稼げるかという事を求めているならば、このまま読み進めても意味はないかもしれません。

質問者さんが感じている事は、40歳を過ぎた僕も感じる事であり、何も悪い感情ではありません。この質問者さんと僕の違いは、こういった感情を前向きに処理する方法をわかっているだけです。

本記事の内容

1 成功したい人へ贈る5つのアドバイス〜40代の僕が思う成功とは
2 成功したいならば、有言実行で自信をつけよう

では、みていきましょう!

1 成功したい人へ贈る5つのアドバイス〜40代の僕が思う成功とは

成功したい人へ贈る5つのアドバイス〜40代の僕が思う成功とは

僕が思う成功は
「自分を変えられる事」です。

自分自身を変える第一歩は「考え方」を変えることです。
なぜ変えられないかというと「感情」に支配されるからです。変えるのは「考え方」なのですが、そこに感情を持ってくると冷静さを欠くので変えられなくなります。実は成功するかどうかは「気の持ちよう」なのです。

成功の定義はさまざま

人の数だけ成功の定義があるとも言えます。世の中の素晴らしい人物たちがそれぞれの言葉で語っていたりしますが、誰もが「富と権力が全てでは無い」と口を揃えて伝えています。

しかし・・・僕は、富も権力もほしいです。
手にしたことの無いものは欲しいと感じで当然です。むしろ、手にしてもいないのに「富と権力が全てでは無い」と本心から思えるかは疑問です。

これも結局は「言葉の綾」です。

どういった「富」や「権力」が欲しいのかも、決めるのは自分次第。定義は自分で決めれば良いのです。「富」や「権力」を、誰かの言葉に倣って勝手に良くないものと決めつける理由はありません。

例えば僕が今ほしい「富」と「権力」は

「富」・・・年商1億円、月収100万円
「権力」・・株式会社で社会に影響を与えられる

です。

お金は稼ぎたいと考えるのは当然の感情です。
そして今稼いでいるお金は、自分自身の行動の対価であると考えたほうが前向きです。自己評価との差異があるかもしれませんが、残念ながらそれが対価です。

サラリーマンなら、その世界、業界、会社の範囲での対価となりますが、今以上のお金を稼ごうとしたら、何かリスクを取らなければならないでしょう。

それは大抵が「お金」か「時間」です。

お金を使うか、時間を使うか、いずれも自分自身への投資を進める中で、自分を奮い立たせ、勇気を持って挑戦し、できるかぎりの行動を取り、それに応じた納得した対価を得ることができたら、金額に問わず満足するし成功したと言えるかもしれません。

もちろん、ただ闇雲にお金と時間を使うだけでは、果たして成功に結びつくか不安と感じるからこそ、そこに「戦略」が必要になります。

僕は若い頃は頭良いふりして戦略なんか考えらなかったので、闇雲にやって不安になって失敗しましたが、それも良い経験でした。

以上のことから、成功へのアドバイス5つをまとめると・・・

①焦っても意味がない
②遠くに答えはない
③それよりも自分と対話しよう
④目の前の現実をしっかり受け止めよう
⑤お金を稼ぎたいならそれに見合った行動をしよう

となります。

①焦っても意味がない

焦る感情に支配されているので、冷静に「考える」ようにしよう。

考えるというのは自分で答えを決めていくことです。まず、焦っても意味ないと、頭で理解し、じゃあどうすれば良いかの答えを以下に記載している②以降の事を順番に考え、決めて行動に移すことが重要です。

②遠くに答えはない

焦る必要がないと冷静に理解できたら、今度は何をしたら良いかの答えは「遠くにない」と理解しよう。

何をしたら良いかの答えを、ネットや書籍など自分より遠いところに求めても結局答えは出ません。むしろ、多くの情報にさらされて頭ぐるぐる迷い、酷い時にはその情報を盲信して、間違った答えを導き出すかもしれません。僕の若い頃(2005年頃)でもそう感じたので、当時と比べて圧倒的な情報量のある現在では、それをしっかり精査できるならまだしも、自信がないのであればほどほどにした方が良いです。

周りに惑わされないようにしましょう。

③それよりも自分と対話しよう

遠くに答えがないと理解できたら、答えは自分の中にあると理解しよう。

自分にとっての成功とは何か、どうしたら自分は納得するのか、何をすれば満足するのか、一体何がほしいのか、そしてそれはなぜか。

こういった疑問に簡単に答える事は僕でも難しいですが、しかしいくら検索しても答えは見つからないならば、自分から出た言葉、自分の気持ち、自分が興味ある事など、誰と比べるわけでもないし、誰に認めてもらう必要もない、素直に見つめて見えてきた答えを大切にしましょう。

④目の前の現実をしっかり受け止めよう

自分を見つめるべきだと理解できたら、今の自分が置かれている状況をしっかり受け止めると理解しよう。

今の自分がいる場所から周りをしっかり見てみましょう。例えば、今しているアルバイトを全力で打ち込みマスターして、店長に一目置かれる。これも立派な成功です。

もしそれが自分にとって成功でないのならば違うでしょうが、もし自分の中に答えがないのであれば、今せっかく自分が時間を使っている事を極めるのもありです。なぜなら、その目の前の現実から、未来の成功へ繋がっているからです。こんなはずではない、こんなこと意味ない、と簡単に決めてしまう前に、今いる自分が時間を使っている事に全力を出すべきです。

⑤お金を稼ぎたいならそれに見合った行動をしよう

もちろん、使い方を誤ってはいけませんが、何だかんだで使った時間とお金に比例して、稼げるお金は決まります。

時間を使うにしてもお金を使うにしても、必ず「リスク」は発生するので、それとどう向き合うかです。時間を使う場合は、大切な時間を使い、成功までに時間がかかるというリスク、お金を使う場合は、成功までの時間は短くて済むかもしれないが、お金を失うかもしれないリスク。

いずれにしても、お金を稼ぐならば戦略は重要です。

2 成功したいならば、有言実行で自信をつけよう

成功したいならば、有言実行で自信をつけよう

前項までは成功するためのポイントでしたが、最も重要なのは成功できる自分自身であることです。

それには「自信」が重要になります。
自分を信じるということです。

信という漢字は「人」「言」という文字で成り立っています。もともは神に誓いを立てるというところから成り立った言葉ですが、要するに文字がまだなく、何も記すことのできない数千年前は、人が言ったことが全てであり、とても重要であったことが想像できます。

今の時代は人が言うこと以外にも様々な手段があるので、太古ほどその重要度は無くなったかもしれませんが、それでも自分が言った言葉、目の前の人が言った言葉には力があります。

そういう意味で「自信」をつけるには、自分が言った言葉に責任をもつ事が最も近道だと感じています。要するに有言実行、言ったことはやれば良いのです。

2つの有言実行

①誰かが決めた事を積極的にやる
②自分で決めた事を必ずやる

があります。

どちらも、言ったことをやる事が重要ですが、得るものが違います。自信をつけるならば②で、信頼を得るならば①になります。

「誰が決めたか」が重要になりますので、自信をつけるには、自分で決めたことを必ずやりきる事です。何かを決める事は決めた人に責任が生じますので、その大きさに比例して得るものも大きい。それは、自信はもちろん、その人にとっての「成功」に近づくことができるでしょう。

しかし、誰かが決めた事を自信に変える方法があります。それは、立候補とも言うべき方法で、手を挙げてその人に約束する方法です。これで、誰かが決めた事を、自分事にすることができます。

このように、2つの有言実行を駆使して、物事に積極的に関わることにより、自信をつけていきましょう。

特に、自分の中から出た言葉は大切なキーワードとして、自分を深堀りしていくチャンスかもしれません。

自分を深堀りするためには、自分を探るために様座な言葉として数を書き出す必要があります。そして、自分が発した言葉から具体的な行動へ落とし込む作業も必要になります。

以下の記事に、そんな方法で自信をつけるための方法を書いてみました。
もしよろしければ!

まとめ:成功するために自分を信じられる人に今なれるか

成功するために自分を信じられる人に今なれるか

成功と言われても簡単に答えが出るのならこんなに悩む必要もないでしょう。

しかし、今よりもより良い未来を望むならば、その先に成功が待っていると信じることができるかどうか。自分でふとそう思ったことが信じられるならばそうなるだろうし、信じられないのであれば叶わない。

そこで信じられる人は、自分を変えられる人でしょう。
それも変わるのは今、この一瞬で変われます。
そう信じればよいのですから。何があろうとも。

関連記事

  1. 抽象化思考で仕事ができる人、仕事をつくれる人になる方法

    コミュニケーション

    抽象化思考で仕事ができる人、仕事をつくれる人になる方法

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  2. 仕事の悩みと解決方法〜僕の転職4回の経験談

    コミュニケーション

    仕事の悩みと解決方法〜僕の転職4回の経験談

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。…

  3. 事業企画の仕事内容はゼロをイチにする事【事業企画職になる方法】

    コミュニケーション

    事業企画の仕事内容はゼロをイチにする事【事業企画職に転職する方法】

    タカハシサトシです!地方で5年、飲食業界で企画の仕事をしています。…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP