手帳はいらない?自ら人生を切り開くための手帳活用術

手帳はいらない?自ら人生を切り開くための手帳活用術

タカハシサトシ@グラスです!

今回は

手帳って持つ意味ありますか?
手帳必要ですか?

という声にお答えします。

この記事では手帳を持つ意味と、活用法についてをお伝えしていますが、何より大切なのは目的を明確にすることです。

「目的が大切」はよく言われている事だし、言われなくともわかっている事かもしれません。しかし、想いを具現化する、夢を実現する、言い方はいろいろとありますが、目的があるのであればそれを果たす事が大切です。

その1つの手段として、僕は手帳をおすすめします!

本記事の内容

1 手帳はいらない?いる人といらない人の違い
・いらない理由といる理由
2 手帳を持つ意味はあるか?
・何かを実現するための手段のひとつ
3 手帳を活用した目標達成術
・日々活用するための準備〜目標をつくるには
・目標ができたら地味な行動の繰り返し
まとめ

では、みていきましょう!

1 手帳はいらない?いる人といらない人の違い

手帳はいらない?いる人といらない人の違い

僕は必要です。しかし、いらないとも言えます。

なぜなら、手帳を使うことで自分の人生を思った方向に進める事ができると感じているから。しかし、いらないとも言えるのは、手帳なんかなくとも、人生思ったとおりに進められる人もいるから。

ここで、手帳がいるいらないを考えている人はどんな人か、書き出してみます。

・使っても何も変わらないと感じている
・手帳を使うことで良いことが起きると期待している
・他力

いかがでしょう?

手帳を使う人が素晴らしいということを言いたいわけじゃないです。要するに考え方次第、捉え方次第、気持ちの問題が大きいので、その人次第で手帳が良くも悪くもなるという事です。

・手帳をきっかけに自分を変える
・手帳を使いながら何かを始める
・自力

もし、上記の様に意味づけることができたら、手帳が必要となりますよね。

前向きな意味を付けられないままに何となく手帳を使った時、躓いたりうまく行かなくなった際に手帳のせいにしないか、ということです。手帳の使い方が悪い、書き方が悪い、種類が悪い、書く手間が無駄だ、そもそもいらなかった等。

しかし、よくよく冷静になると、小手先の手帳の使い方や書き方は些細な事で、そもそも目的を果たす事を忘れてしまっているだけかもしれないのです。

なので、手帳がいる、いらないの答えは、手帳がいると思える人になる、というのが正解ではないでしょうか。

2 手帳を持つ意味はあるか?

手帳を持つ意味はあるか?

僕の場合はあります。
それにはいくつか理由があります。

・格好が良い
・目標を達成するため
・良い習慣を身につけるため
・自信をつけるため

これらが、手帳を持つ意味になります。

見た目から入るという言葉がありますが、若い頃はカフェなどで手帳を広げている姿が単純に格好いいなと思いました。

これも大事なきっかけだし、こういったスタイルに憧れて手帳を持つというのもありです。実際に手帳を広げている人は、格好をつけたいわけではなく、とある目的があってそうしています。

何かを実現するための手段のひとつ

メモ帳とは違い、手帳には制作した人の意図が盛り込まれています。カレンダー形式になっていたり、チェックボックスになっていたり等、ある程度何かをさせようとするためのテンプレートになっています。

簡単に言えば「管理」です。

どんな管理かと言えば、仕事にせよプライベートにせよ、何か目標を達成するためです。

それには、何をしたら良いのかという具体的な「やること」と、いつまでにすべきかという「スケジュール」は重要になります。

それを手帳に書き留めたりするわけです。

目標というと素晴らしく大きなものを想像しますが、それだけが目標ではありません。例えば家族の誕生日に温泉へ泊まりに行く、これも1つの立派な目標です。その目的は家族に喜んでほしいから。それを実現するには、どこの温泉に行くのか、部屋に空きはあるのか等、決める事ややる事が見えてきます。

このような、様々な目的と目標に囲まれて生活している中で、どれも完璧に実現できるわけではないかもしれませんが、なるべく合格点を取れるように管理する、それを手帳で行っているだけなのです。

また、そういった管理スキルが身につくということは、物事を実現できる習慣が身についているという裏返しでしょうし、積み重なれば自信にもつながります。

自信は「やると決めたことをやれた時につく」ものだと考えています。
そして、目標を実現できるならば、その管理方法は手帳である必要はないのです。

3 手帳を活用した目標達成術

手帳を活用した目標達成術

これまで伝えた意味で自分には手帳が合っているかもしれない!とお考えならば、まずは使って見るのがよいです。

そこで・・・僕は欲張りなので、

・格好が良い
・目標を達成するため
・良い習慣を身につけるため
・自信をつけるため
・アイデアの出し方がわかる<—コレ
・構想のまとめ方がわかる<—コレ

前項でお伝えした理由に加え「コレ」と書いた2つの効果も期待して手帳を使いたいと考えます。そのために、オリジナル手帳もつくりましたので、もし興味あればお試しください!

↓それにはグラスのオリジナル手帳をおすすめします

と宣伝はこのくらいにして、目標を達成するための順序はシンプルで

①目標の素となるアイデアを出す
②構想にまとめる
③地味な行動の繰り返しと検証

を定期的に繰り返すだけ。

日々活用するための準備〜目標をつくるには

はじめに、何のために手帳を使おうと思ったかもう一度整理しましょう。僕の場合は、事業を成功させたいと思ったから。みなさんはいかがでしょうか。

事業の成功ってどういうこと?何をすれば成功になる?売上はどのくらいあると良い?会社になっている?等、目標をある程度明らかにしないと日々何をしたら良いかわからない。よく感覚的に行き当たり場ったり行動している人がいますが、それはそのように見えるだけで、行き先が見えているから行き当たり場ったりも可能なだけです。実は高度な応用です。

もし1から目標をつくるとすれば、自分の中から出てきたアイデアや言葉から拾って行くべきなので、地味ですが、例えば「なりたい自分」をテーマに100個書き出してみるとかです。

目標ができたら地味な行動の繰り返し

アイデアから目標が見えてきたら、日々いつまでに何をやるかのにらめっこ。todoリストやタスク管理等、やることを書き出しては消していく、それの繰り返しでしょう。

なかなか消えないタスクは的外れで、別な方法をためすべきかもしれません。

これらの方法は、先程ご紹介した「グラスの手帳」ページで紹介していますので、もしよろしければご参考ください!

まとめ:自ら人生を切り開くために

自ら人生を切り開くために

なぜ手帳を使うかの答えは、自ら人生を切り開くためです。

自分で決めたことを実行する。
それを忘れないように、迷わないように手帳を使うだけです。

手帳でも手帳じゃなくとも、自分の人生を自分で歩むためには、さまざまな目標を描き記す事です。

そうやって文字という形にすると、意外と人生がそっちの方へ進んでいく、不思議なものだと信じています。

関連記事

  1. todoリスト(やることリスト)の作り方【人生のベクトルを定めよう】

    ワークハック

    todoリスト(やることリスト)の作り方【人生のベクトルを定めよう】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。todoリ…

  2. 仕事の時間の使い方が下手な原因5つ!【できない自分を認めよう】

    ワークハック

    仕事の時間の使い方が下手な原因5つ!【できない自分を認めよう】

    こんにちは、タカハシサトシです!地方の飲食業界で企画の仕事をしていま…

  3. todoリストで習慣化する手帳の使い方【あるべき姿を見つけよう】

    ワークハック

    todoリストで習慣化する手帳の使い方【あるべき姿を見つけよう】

    タカハシサトシです!地方で10年、企画の仕事をしています。今…

 

コラムのまとめ記事

  1. 【初心者向け】タスク管理(todo)の始め方〜目標の作り方・目標達成のコツを解説

    コラム

    タスク管理の始め方・目標をつくり挑戦しよう

    タスク管理を始めたい方向けの記事です。また、目標の作り方とタスク管理を活用した目標達成のコツを初心者にも優しく解説しています。

  2. webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    コラム

    webデザインの始め方・学びながら挑戦しよう

    webデザインを始めたい方向けの記事です。本質を知り、独学やスクールで学び、プロの仕事に挑戦しよう。

  3. マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    コラム

    マーケティングの始め方・集客を学び挑戦しよう

    マーケティングを学びたい方向けの記事です。マーケターを目指し、集客に挑戦しよう。

  4. 新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    コラム

    新しい事業の始め方・企画づくりに挑戦しよう

    企画職の方、また企画の仕事を目指している方へ向けた、まとめ記事です。企画職を目指し、事業を起こそう。

アーカイブ

PAGE TOP